新型コロナの影響でセンバツ中止、1都6県が大会中止。各県の大会変更・延期・中止情報一覧(3月27日まで)

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.27

 

 センバツの中止が決まった。今年の高校野球は各地で中止・順延が相次いでいる。最新の情報を紹介したい。(3月27日時点)


【全国大会】
第92回選抜高等学校野球大会 中止
第21回全国高等学校女子硬式野球選抜大会 中止

【地区大会】  (大会名をクリックすると大会情報ページにとびます)
東北大会   6月2日から開幕予定
関東大会   5月16日から開幕予定
北信越大会  6月6日から開幕予定
東海大会   大会中止
近畿大会   5月23日から開幕予定
中国大会   5月30日から開幕予定
四国大会   中止
九州大会   5月16日に延期

【都道府県別大会】
■北海道・東北 (都道府県をクリックすると大会情報ページにとびます)
北海道 5月20日に抽選会実施、5月25日から開幕予定
青森県 未発表
岩手県 5月8日に抽選会実施、5月15日から開幕予定
宮城県 4月の各地区予選中止、5/4~5/7で予選会実施(抽選日4/13)、県大会は5/16開幕予定
秋田県 5月12日に抽選会実施、5月15日から開幕予定
山形県 未発表
福島県 未発表

■関東 (都道府県をクリックすると大会情報ページにとびます)
茨城県   4月17日に抽選会実施、4月24日から開幕予定
栃木県   未発表
群馬県   3月30日に抽選会を延期
埼玉県   4月20日に抽選会実施、4月23日から開幕予定
東京都   一次予選、本大会ともに中止
神奈川県  地区予選中止、4月9日に代理抽選会実施、4/18開幕予定
千葉県   予選、本大会ともに中止
山梨県   未発表

■北信越 (都道府県をクリックすると大会情報ページにとびます)
新潟県 4月20日に抽選会実施、4月26日から開幕予定(2月10日時点)
長野県 5月12日に抽選会実施、5月16日から開幕予定
富山県 春季各地区交流戦中止 春季大会の実施は状況の推移次第(3月3日発表)
石川県 未発表
福井県 4月10日に抽選会実施、4月17日から開幕予定

■東海 (都道府県をクリックすると大会情報ページにとびます)
岐阜県 地区大会、県大会ともに中止(3月26日発表)
静岡県 中止
愛知県 地区予選中止。県大会検討中
三重県 地区予選、県大会ともに中止(3月27日発表)

■近畿 (都道府県をクリックすると大会情報ページにとびます)
滋賀県  未発表
京都府  1次戦は4月18日からに延期
大阪府  3月24日に組み合わせ抽選会、4月18日からに延期
兵庫県  3月末時点で実施の可否を決定
奈良県  4月18日から開幕予定
和歌山県 4月11日から開幕予定

■中国 (都道府県をクリックすると大会情報ページにとびます)
鳥取県 4月10日に抽選会実施、4月18日から開幕予定
島根県 4月24日から開幕予定
岡山県 4月11日から予選(トーナメント方式)、4月25日から県大会開幕予定
広島県 3月末まで各地区リーグ戦を延期、県大会は未定
山口県 4月25日から開幕予定

■四国 (都道府県をクリックすると大会情報ページにとびます)
香川県 大会中止。香川県高野連単独主催の県大会を4月以降に開催するため準備中
徳島県 大会中止。代替大会検討も各校の部活動制限状況により決定
高知県 大会中止
愛媛県 大会中止

■九州 (都道府県をクリックすると大会情報ページにとびます)
福岡県  大会中止。4/11からの各地区大会上位2校が県大会進出
佐賀県  4月11日以降に順延(無観客)
長崎県  4月17日に抽選会実施、4月23日から開幕予定
熊本県  4月18日から地区予選、4月28日から県大会開催予定
大分県  4月11日~5月3日で開催予定
宮崎県  3月20日開幕予定を延期、日程協議中
鹿児島県 4月以降に延期
沖縄県  3月25日から開催決定、3月中は無観客試合

 ほぼすべての都道府県が延期・中止となっている。今後、各県はどんな発表を行うのか、注目が集まる。まずはいち早い収束を祈るしかない。


関連記事
選抜甲子園は予定通り開催予定 コロナウイルスには「状況や他競技の運営等を参考にしながら判断」
新型コロナ対応、高校スポーツ各競技の多くが中止決定!センバツ高校野球は4日に協議
果物を食べて体のメンテナンス

【関連記事】
中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【ニュース - インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
プロ志望届けを出した速球派右腕など国士舘大学の新入生から7名の逸材をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第106回 高校球児に伝えたい! こんなときだからこそできること ピンチをチャンスに 自分に向き合う時間を作る 髙司譲さん(フィジカルファクトリー代表)【高校野球コラム】
第978回 記者は今、何を思う?30年以上、高校野球を取材してきた手束仁氏の手記「中止と決まった以上は...」【高校野球コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第64回 有原 航平(広陵ー北海道日本ハムファイターズ) 「スケールの大きい『実直・真面目』な姿に自然と期待が膨らんでいく」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
侍ジャパンU-18代表vs早稲田大学【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
コメント (1)
春の県大会2020.03.18 モンゴルShanaoo
選手たちが可哀想

コメントを投稿する

前の記事:
仙台育英、盛岡大付が初戦突破!【春季東北大会・6日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る