鹿児島県の今後の予定決まる。硬式は来月13日、軟式は22日開幕予定

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.12

選抜へ出場予定だった鹿児島城西

 鹿児島県高校野球連盟は第146回九州地区高校野球大会県予選を4月13日、軟式を22日に開幕すると発表した。

 硬式は13日から5月6日までの間で実施。鹿児島市の平和リース、鴨池市民、姶良市の姶良、日置市の伊集院、4球場のうち、平日を中心にして使用可能な球場で14日間の日程で開催する。開会式は行わない。なおセンバツ出場校だった鹿児島城西の出場は未定。

 軟式は22、23、28日の3日間、伊集院球場で開催する。

 組み合わせは3月27日に理事長、常任理事で代理抽選する。現時点では通常開催の予定だが、新型コロナウイルスの感染状況によっては開催の可否や運営方法の変更などもあり得る。

(記事=政 純一郎


関連記事
新型コロナの影響でセンバツ中止。そして各都道府県に影響。各県の大会変更・中止情報一覧
センバツ中止!!苦渋の決断!!
記者は今、何を思う?30年以上、高校野球を取材してきた手束仁氏の手記「中止と決まった以上は...」

【関連記事】
7月4日、沖縄独自大会開幕!興南、沖縄尚学、春4強の初戦の相手を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
明日7月4日から沖縄独自大会開幕!初日から興南、さらには昨秋の準優勝vsベスト4対決も! 【ニュース - 高校野球関連】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 令和2年度、東京都の異動で勢力構図に変化はあるのか【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
比叡山vs近江【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
浦和学院vs花咲徳栄【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
近江vs近江兄弟社【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
比叡山vs綾羽【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
近江兄弟社vs綾羽【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】

コメントを投稿する

前の記事:
報徳学園、社が初戦突破!【秋季兵庫大会 14日結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る