センバツ中止に対する四国勢2校の対応 明徳義塾・馬淵監督「これを糧にして将来につなげて」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.12

尽誠学園の白根良尚校長(右)と西村太監督(左)

 東日本大震災から9年目となる2020年3月11日(水)・3月19日(木)から無観客にて開催予定だった「第92回選抜高等学校野球大会」が新型コロナウイルスの感染の影響により中止となったことを受け、四国地区の2校はそれぞれ取材対応を行った。

 尽誠学園(香川)は同日18時から香川県善通寺市の同校会議室にて白井 良尚校長・西村 太監督が出席し記者会見を開催。白井校長は「最後まで選手たちのことを考えて手を尽くしてくれた(日本)高野連には感謝しています。ただ、今も新型コロナウイルスの感染者が増えており、決定的な防止策がない状況では中止は致し方ない」と複雑な感情を述べている。

 また、西村監督は「高野連の皆さんには、このような状況の中で力を尽くしてくれたことには感謝しているが、3月5日に(選手たちが)帰ってきて準備し甲子園があると信じてやってきた中での中止なので、選手たちの心のケアをどういう風にするか考えたい」と、「無観客の中でも感謝の想いを持って、3月19日の第1試合に試合があると思って、一日一日気持ちを高めていい雰囲気での練習ができていた」選手たちに対し「自分のことより彼らのことを考えると辛さが出てくる」想いを示した。

 また、主将の菊地 柚(2年・二塁手)は亀井 康宏部長を通じコメントを発表。「本当に残念です。センバツ大会へ向けて18年ぶりの校歌を全員で歌いたかったです」と素直な心情と同時に「切り替えるまでに時間はかかると思いますが、最終的には夏なのでそこに向けてチーム全員で頑張ります。応援してくれた人たちのためにも、絶対に夏(甲子園に)行きます」と強い聖地への決意を表した。

 なお、尽誠学園は会見後、野球部寮で「それぞれの気持ちまず聴いて、気持ちを1つにしていくための」(西村監督)ミーティングを行った後、学校休校措置中に伴い練習に参加していた24選手を速やかに実家へ帰宅させる予定。すでに出場予定だった春季四国大会の中止も決まっていることもあり、練習再開時期は今のところ未定となっている。

【次のページ】 センバツ中止に対する明徳義塾の対応・コメント


【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
尽誠学園(香川) 無念の想いを綴る 【ニュース - 高校野球関連】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第106回 高校球児に伝えたい! こんなときだからこそできること ピンチをチャンスに 自分に向き合う時間を作る 髙司譲さん(フィジカルファクトリー代表)【高校野球コラム】
第978回 記者は今、何を思う?30年以上、高校野球を取材してきた手束仁氏の手記「中止と決まった以上は...」【高校野球コラム】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
尽誠学園 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
センバツ優勝経験主将が高校球児へメッセージ「野球を嫌いにならないで」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る