11日にセンバツ臨時運営委員会。その前に4日の大会会長、副会長コメントを振り返る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.09

 無観客試合での実施を準備しつつ、11日の臨時運営委員会で再度開催可否を協議することになった第92回選抜高等学校野球大会。その臨時運営委員会が迫ってきています。

 そこであらためて、4日の運営委員会と日本高等学校野球連盟の臨時会後に行われた記者会見冒頭の、丸山昌弘・大会会長(毎日新聞社社長)と八田英二・大会副会長(日本高等学校野球連盟会長)のコメントをおさらいしたいと思います。

丸山昌宏・大会会長(毎日新聞社社長)
 「大会会長、毎日新聞社長の丸山です。まずは大会会長の私から、今日の結論についてお話申し上げます。まず初めに、新型コロナウイルスによってお亡くなりになった方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、罹患された皆様、感染拡大によって困難な状況におられる皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 感染の拡大を食い止め、1日も早く流行を収束させることが急務となっている中、3月19日から開催予定の第92回選抜高校野球大会について、私たちは、スポーツ団体や医療関係者を含めて関係各方面と、あらゆる観点から議論してまいりました。その結果、感染のリスクをできるだけ排除し、選手たちに憧れの甲子園で何とかプレーさせてあげたいと考え、無観客試合を前提に準備を進めていただくことにしました。

 3月11日には、出場校の選手、指導者、その他関係者の感染防止策が万全か、新型コロナウイルスの蔓延状況、政府の各種措置などの内外状況を判断材料とし、開催の可否を再度協議する予定です。3月11日以降も外部環境の大きな変化によっては、開催中止の宣言も視野に入れております。

 無観客試合では観客だけではなく、応援団やご家族によるスタンドからの応援もご遠慮いただき、出場校から派遣していただく人数も最小限に絞っていただきます。具体的な対策といたしましては、開会式の中止、甲子園練習の中止、組み合わせ抽選会の主催者による代理抽選、出場校へのマスクの配布や消毒液の配備、取材ルールの見直し、選手の宿泊先の安全宣言などです。

 専門家の意見も聞きながら、詳細は3月11日までにつめます。いずれにせよ、選手をはじめ、大会に関わる全ての方々の安全のために、万全を期したいと思います。選手はもちろん、ご家族や学校関係者の皆様、地元やファンの皆様にご理解とご協力をいただき、意義のある大会となりますよう。引き続き努力してまいります。」

八田英二・大会副会長(日本高等学校野球連盟会長)
 「高野連会長の八田でございます。第92回選抜高校野球大会、このような新型コロナウイルス感染の状況下でどのようにするか。私ども高野連関係者、教育関係者、色々と議論を積み重ねてまいりました。そして日々刻々と変わる情勢のもとで、開催ができるのかできないのか。

 あるいは、いつ決断すれば良いのか。色々と検討を重ねてまいりました。その後、毎日新聞社様ともお話をして、ようやく、今決断をするのではなくて、3月11日、それまでに一番大事な球児の感染予防対策ができるのか、関係者の感染予防対策が万全にできるのか。

 そして3月11日の外部の新型コロナウイルスの状況拡大、行政の色々な対策、これを勘案して、11日に一つの判断をしたい。その間、各出場校に関しては、無観客試合ということで準備を進めていただきたいという結論に至ったわけでございます。

 このようなところの裏には、やはり球児の甲子園でプレーをしたいアツい思いに何とか私どもが知恵を出し合い、工夫をして、しかも感染予防と球児の健康を最大限配慮しながらできないものか。これをあと1週間努力を続けていきたい。

 そのような思いから今回の結論に至ったわけでございます。この1週間、私どもにとりまして、感染防止対策に関して、当然外部の情報、状況も把握し、最大限の努力を尽くしたいと考えています。

 開催中止という一つの決定もできるかもわかりません。ただもう1週間、球児の夢の実現のためには、私ども力を尽くしたい。そのような思いから、このような決定に至ったわけでございます。皆様のご理解をぜひともお願いしたいと思います。」

 丸山大会会長からは、「選手たちに憧れの甲子園で何とかプレーさせてあげたいと考え」という言葉、八田大会副会長からは、「球児の甲子園でプレーをしたいアツい思いに何とか私どもが知恵を出し合い、工夫をして、しかも感染予防と球児の健康を最大限配慮しながらできないものか。もう1週間、球児の夢の実現のためには、私ども力を尽くしたい。」という言葉が出ました。その後の記者質問の回答にも、「球児の夢」という言葉が何度も出ています。

 大会の開催可否を決めるのは、世間ではなく、球児でもなく、出場校関係者でもなく、あくまでも主催者です。よって、決まったことには、どんな声があろうとも、尊重するべきだと考えます。

 ただしそのためには、会見で述べられたように、リスクをどこまで少なくできるか。正直言うと、出場校の関西への移動、大会中の試合がない日の練習、職業がそれぞれにあって大会中にも仕事をしながら休日にジャッジしている審判など、挙げだすとキリがありません。リスクは0にできるということはありません。その中でどこまでの対策を講じられるか。11日の協議の行方を見守りたいと思います。

(文=松倉 雄太

関連記事
新型コロナの影響で四国大会は中止。3月開催の地方大会・地区予選はどうなる??
中止も覚悟していた...。選手の思いを汲んだ高野連の判断に選抜出場校の監督から感謝の声が続々
選手たちの体調を最優先に。選抜出場校それぞれが慎重な姿勢で今後の予定を立てる

【関連記事】
六大学は10日に開幕!東大、明大応援団からこの夏を戦う全国の球児に向けエールを! 【ニュース - 高校野球関連】
8月1日から神奈川独自大会が開幕。横浜、東海大相模らの注目校の初戦は? 【ニュース - 高校野球関連】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 令和2年度、東京都の異動で勢力構図に変化はあるのか【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
第135回 県立岐阜商業高等学校 藤田 凌司選手 【2013年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
岡本和真、高橋光成が代表格となるか?2014年のU-18日本代表の投打の要の現在地
次の記事:
秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵)これまでの歩みと課題に迫る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る