OP戦9打数6安打のヤクルト・古賀優大(明徳義塾出身) 打撃力開花で一軍定着なるか?!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.09

ヤクルト・古賀優大(明徳義塾出身)

 ヤクルトの高卒4年目の古賀 優大明徳義塾出身)は7日、7回に嶋の代走で出場すると、8回の初打席で2点タイムリーツーベースを放ち大きな存在感を見せた。

 8回からロッテのマウンドに上がったのは、守護神の益田直也(市立和歌山商出身)。先頭の西田 明央北照出身)がセンター前ヒットを皮切りに二死満塁のチャンスを作ると、途中出場の9番・古賀に打席が回る。
 1ボール1ストライクからの直球を右に弾くと、打球はライト線への2点タイムリーヒットとなり、開幕1軍へ猛アピールを見せた。

 明徳義塾時代の古賀を振り返ると、二塁送球1.8秒台の強肩に加え、リード面でも巧みな配球を見せるなどディフェンス力の高さが際立っていた古賀。
 その一方で打撃は、無駄のないスイングは出来てはいたがインパクトの強さがなく、木製バットになった時の苦労も予感させる選手だった。

 だがプロ入りから4年が経ち、体に力もついてきて徐々にプロのボールにも振り負けない強さが感じられるようになってきた。
 オープン戦は途中出場が多いが、それでもここまで9打数6安打とインパクトのある結果を残しいている。まずは1軍に定着して、シーズンでも存在感を発揮していきたいところだ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
最速156キロを記録した剛腕ルーキー・杉山晃基(盛岡大附出身)の課題とは
史上5人目の40代での開幕投手 石川雅規の原動力は「体の大きい人に負けたくない気持ち」
練習試合で好投!ヤクルト長谷川宙輝は江藤智以来の一軍出場となるか?

【関連記事】
3安打1盗塁とバットで足でアピールの西武・岸潤一郎(明徳義塾出身) 昇格目指して二軍で奮闘中! 【ニュース - 高校野球関連】
【選手名鑑】全国屈指の脚力の持ち主!俊足強打の外野手・奥野翔琉(明徳義塾) 【ニュース - 高校野球関連】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1000回 明徳義塾(高知・2年ぶり19回目の出場)「逆転の明徳義塾」で全冠制覇を目指す!【センバツ2020】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
古賀 優大(龍谷) 【選手名鑑】
古賀 優大(明徳義塾) 【選手名鑑】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
新型コロナウイルス・・・センバツ高校野球はどうなる?4日に運営委員会が協議
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る