初球から振れる準備を行う。阪神・井上広大(履正社出身)が例年の高卒スラッガーより突出している理由

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.08

井上広大

 阪神の期待の和製大砲・井上 広大履正社出身)が7日、一軍デビュー。第1打席は初球から振っていき、ライトフライ。その後の打席も凡退に終わったが、初球から振れたことを高く評価されている。

 これまでの活躍を振り返れば、井上は初球から振れる選手。2月15日の四国銀行戦の本塁打は初球。昨夏の甲子園決勝戦の本塁打も初球からだった。やみくもに初球を振っているわけではない。初球から打てるよう、準備しているからだ。

 甲子園決勝の奥川 恭伸から打った場面について井上はこう答えている。
 「センバツの時に抑えたボールで次の打席に入ってくると感じたので、それを信じてみて打席に入った感じです。先制点を取られて1回も2回もランナーを出して点が取れない状況だったので、そこで何とか援護点を与えられたのは良かったと思います」

 つまり決め球のスライダーで入ってくると踏んでいたのだ。

 井上はプロに入っても一軍選手に見劣りしないほどの体格をウエイトトレーニングで築いただけではなく、打席内の準備力も高めてきた。ここが、例年の高校生スラッガーとは違う点ではないだろうか。

 これからの打席も楽しみである。

関連記事
井上広大がプロ相手から初本塁打!ステップアップが順調すぎる!
阪神・井上広大(履正社出身)は2005年以降の高卒生え抜き3人目の2桁本塁打到達なるか
井上広大、遠藤成、藤田健斗の阪神高卒野手トリオが149キロ右腕を攻略

【関連記事】
なぜ千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)は超一流になれたのか 恩師が語る鳥谷の高校時代 【ニュース - コラム】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
歴代でも抜き出た元阪神・メッセンジャーの存在感 通算6度の開幕投手は外国人投手最多 【ニュース - 高校野球関連】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第236回 今年の高校生外野手は井上、菊田を筆頭にスラッガー揃い!【厳選9外野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第584回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「制球力向上に必要なのは"再現性の高いフォーム"」【後編】 【2017年インタビュー】
第552回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「"クオータースロー"誕生秘話」【前編】 【2017年インタビュー】
第503回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「赤松 真人選手が語る!グラブはイチロー選手と同じモデルの理由」【後編】 【2017年インタビュー】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
春季沖縄県大会を展望 沖縄水産と興南が同ブロック、そして八重山農は春も躍進か?【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る