プロ入り後、初の甲子園のマウンドに立った吉田輝星(金足農出身)の投球から見えた新境地

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.07

吉田輝星(金足農業)※写真は共同通信

 3月6日、北海道日本ハムの吉田 輝星金足農出身)は、プロ入り初の甲子園のマウンドに立った。阪神打線相手に2回無失点の力投を見せた。

 自分の評価をあげ、進路もプロに切り替えた甲子園のマウンドで吉田は新たなスタイルが見えた。それは決め球として変化球の精度が上がったこと。高校時代の吉田はピンチを背負えば、ストレートでねじ伏せる投球スタイルだったが、それではプロでは通用しない。

 昨年1年はプロのレベルの高さに苦しんだが、2年目は制球に苦しみながら粘り強さが出てきた。その証拠にカーブがうまく抜けており、130キロ前後のスライダーが打者の手元で急激に曲がり、空振りを奪えるレベルになった。

 まだ気温が低いということもあり、140キロ中盤だが、さらにスピードアップすることだろう。

 吉田のストレートは一定以上のキレはあるが、それが絶対的な武器になるにはまだ上積みが必要であり、プロ野球の打撃レベルが著しく上がっている中、更に総合力を鍛える必要がある。こういう一軍レベルで登板を重ねることで、自身の引き出しを広げていきたい。

関連記事
丸山和郁(前橋育英-明治大学)一日一歩ずつ歩んだ道程が大記録に繋がる
埼玉西武ライオンズ 髙橋 光成投手「『目の前に』集中すれば、どんなことも乗り切れる」
吉田輝星、万波中正が一軍デビュー!日本ハムの高卒ルーキーの現在地

【関連記事】
U-18日本代表のコーチ経験もある島田達二氏が東京ヴェルディ・バンバータアカデミー統括ヘッドコーチに就任した理由とは? 【ニュース - インタビュー】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
西武・川越は打率5割、2011年春の甲子園に出場した選手は誰がいる? 【ニュース - 高校野球関連】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第66回 「もっとイキイキと」投げてほしい 恩師が語る堀瑞輝(広島新庄-北海道日本ハムファイターズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
第11回 「素材重視の指名か」スポーツライター・小関順二さんが日本ハムのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
第788回 「野球に対する考えが180度変わった」米倉貫太(埼玉栄)が歩んだ「確かな3年間」 【2018年インタビュー】
第767回 吉田輝星(金足農業)がプロ志望!プロ志望の決め手は「全国大会で自信をつけたこと」 【2018年インタビュー】
日大三vs都立杉並【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
大阪桐蔭vs金足農【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第733回 ブランドン・レアード(北海道日本ハムファイターズ)「いつでもポジティブに!夢を信じて突き進め!」 【2018年インタビュー】
吉田 輝星(金足農) 【選手名鑑】
金足農 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
県北地区決勝は能代vs能代松陽!【春季秋田大会地区予選・15日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る