オープン戦大当たりの福田秀平(多摩大聖ヶ丘出身)はロッテ移籍で一気にスター選手になれるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.05

福田秀平

 

 去年、福岡ソフトバンクから千葉ロッテに移籍した福田 秀平(多摩大聖ヶ丘出身)はここまで期待通りの活躍を見せている。

 昨季80試合出場ながら、自己最多の9本塁打、26打点と自己最多の数字を残した。走攻守のバランスが取れていて、12球団屈指の戦力層を誇る福岡ソフトバンクで2015年から80試合以上を出場した実力は魅力があった。年俸順位が11位以下で、補償なしのCランクということでさらに人気が高まった。

 いきなり東北楽天とのオープン戦で、高めのストレートを振り抜き、ライトスタンドへ飛び込む先頭打者本塁打を放った。

 その後も安打を重ね、4試合で12打数6安打、打率.545と高打率を残した。さらに3盗塁と、トップバッターとしてこれ以上ない記録を残している。

 今季から4年4億8000万の契約を結び、昨季の3600万と、大幅増。さらに前年まで千葉ロッテに在籍していた鈴木大地(桐蔭学園出身)の背番号7を背負ってプレーしている。球団の期待は高く、やはり福岡ソフトバンク時代の数字を残すことが前提となるだろう。もしそれが実現できれば、移籍によってスターになった選手として語り継がれる選手となるだろう。1988年世代の野手として、さらに地位を高めることを期待したい。

関連記事
「育成の巨人」証明へ 大化け途中の3人の速球派右腕たち!
目指せ開幕一軍入り&二塁手のレギュラー争い しのぎを削る巨人の下位指名・育成組の内野手カルテット

【関連記事】
巨人・丸佳浩(千葉経大付出身)が89年世代2人目となる200本塁打!! 【ニュース - 高校野球関連】
京都外大西の注目スラッガー・山下 航汰が細身でも長打を飛ばせるわけとは? 【ニュース - インタビュー】
第1097回 ポイントは回転にアリ!高校通算36本塁打・山下航汰(京都外大西)が細身でも長打を連発できるわけ 【2020年インタビュー】
第1097回 高校通算36本塁打の万能プレーヤー・山下航汰(京都外大西)がプロ入りへ取り組んだ試行錯誤の日々【前編】 【2020年インタビュー】
第1回 【12球団ドラフト指名予想】巨人1位は佐藤輝明(近畿大)より「ポスト菅野智之」に見合う投手を指名するべき!【プロ12球団ドラフト分析2020】
第38回 方針はあくまで底辺拡大。名門・世田谷西シニアが「勝利」でなく「野球の楽しさ」を追及する理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第79回 優しい人柄はプロの世界でも。超一流捕手&高卒初のプロ野球選手会会長の炭谷銀仁朗の平安の3年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第274回 岡本和真を輩出した智辯学園期待の怪物スラッガー・前川右京の進化の軌跡【ドラフト特集コラム】
第1174回 もう1人の坂本勇人(唐津商)はスローイングタイム1.85秒を誇る超高校級捕手。強肩強打を支える秘密とは 【2020年インタビュー】
第1174回 巨人期待のシンデレラボーイ・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)。大エースの学びを実践し、二桁勝利を狙う 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1134回 小学生で遠投86m 超強肩捕手・戸丸秦吾(健大高崎)の逸話がすごい!!そのスローイングの秘密を大公開! 【2020年インタビュー】
東海大福岡vs唐津商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
南筑vs東海大福岡【2019年 練習試合(交流試合)・春】
浦和学院vs東海大相模【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
東海大相模vs水城【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
東海大相模vs前橋育英【2010年秋の大会 第63回関東地区高校野球大会】
上原浩治のピッチング・メソッド
大田 泰示(東海大相模) 【選手名鑑】
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
坂本 勇人(唐津商) 【選手名鑑】
坂本 勇人(光星学院) 【選手名鑑】
田中 俊太(東海大相模) 【選手名鑑】
中井 大介(宇治山田商) 【選手名鑑】
橋本 到(仙台育英) 【選手名鑑】
藤村 大介(熊本工) 【選手名鑑】
増田 大輝(小松島) 【選手名鑑】
丸 佳浩(千葉経大附) 【選手名鑑】
山下 航汰(京都外大西) 【選手名鑑】
山下 航汰(健大高崎) 【選手名鑑】
湯浅 大(健大高崎) 【選手名鑑】
若林 晃弘(桐蔭学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
【四国】鳴門渦潮、明徳義塾などが勝利!香川では開幕<23日の結果>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る