開催の方向に“苦渋の決断”慮る 「鹿児島城西らしい野球で感動を」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.04

鹿児島城西の佐々木誠監督

 日本高野連が3月4日、今年のセンバツについて「無観客試合で開催の方向、11日に正式可否判断」と示した。初出場の鹿児島城西は日置市の同校グラウンドで佐々木誠監督、古市龍輝主将(3年)が会見。佐々木監督は「高野連としても苦渋の決断だった」と慮り、ひとまずは開催の方向となったことに安どの表情を浮かべていた。

 この日は午後2時に主催の毎日新聞からセンバツ旗を受け取り、グラウンドで自主練習。新型コロナウイルスの感染拡大で、バレーボール部や空手部は出場予定だった全国大会がなくなり、学校も休校となった中、野球部だけがグラウンドで練習を続けていた。

 開催可否が正式に分からない中「眠れない日々だった」と佐々木監督。選手たちも不安を抱える中で「気持ちを前向きに持っていくのが難しかった」と古市主将は振り返る。

 無観客試合の開催に関しては「春夏通じて初出場なので、我々よりも、学校や保護者、OB、楽しみにしていた人たちががっかりするのが残念」と佐々木監督。

 正式決定が11日に持ち越しとなり、対外試合もできないまま、本番を迎えることになる。「紅白戦などで実戦感覚を磨き、できるだけの準備をしっかりやって大会に臨みたい」と話した。古市主将は「(中止にならずに)一安心だが、コロナウイルスで苦しんでいる人たちを思うと素直に喜べない」と心境を述べ「開催されるなら、苦しんでいる人たちにも感動を与えられるよう、鹿児島城西らしい野球で優勝を目指したい」と意気込みを語っていた。

(記事=政 純一郎


関連記事
屈辱的な完封負けから八方悠介(鹿児島城西)はどのように初の甲子園を掴んだのか
元プロ監督・佐々木誠氏率いる鹿児島城西、初の甲子園へ! 「チーム一丸、全国制覇目指す」
中谷仁、中村良二、佐々木誠の3人の元プロ野球選手 監督として選抜甲子園へ

【関連記事】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
センバツが開催されていれば、ブレイク必至だった?ドラフト候補を紹介 【ニュース - コラム】
選手たちの体調を最優先に。選抜出場校それぞれが慎重な姿勢で今後の予定を立てる 【ニュース - 高校野球関連】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1009回 「まだまだ」のチームが射止めた甲子園出場 鹿児島城西(鹿児島)【前編】【野球部訪問】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
鹿児島実vs鹿児島城西【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs枕崎【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs加治木工【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs神村学園【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
鹿児島城西 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
「もしなかったとしても夏につなげる練習を」四国地区センバツ代表校・明徳義塾、尽誠学園の対応
次の記事:
紅白戦で猛アピールの巨人・山下航汰(健大高崎出身) 打撃の基礎を作ったのは羽曳野ボーイズ時代
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る