東京大が鹿児島キャンプ開始!地元・鶴丸出身の2選手が語る「東大を目指す意味」と「東京大六大学の魅力」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.04

武隈光希(左)と櫻木隼之介(右)

 東京大の鹿児島合宿が3月3日から鹿児島市の鴨池市民球場で始まった。地元・鶴丸出身の武隈 光希(4年)、櫻木隼之介(3年)にとっては高校時代、夏の選手権予選などの公式戦を戦った思い出深い場所でもある。6日には同球場で鹿児島大との交流戦(※無観客試合)も組まれている。鹿児島大にはかつてのチームメートも所属しており「試合を楽しみにしている」と2人。故郷の地で今季の飛躍を誓う2人の意気込みを聞いてみた。

 今年は鹿児島出身で東京帝大卒の中馬庚氏がベースボールを「野球」と名付けて125周年に当たり、鹿児島大が創立70周年を迎えることから、武隈の父で同大野球部長の武隈晃さんらが中心になって「日本野球誕生125周年中馬庚先生記念試合」を企画し、対戦相手として東京大を招待した。東京大は2月18日から約2週間の福岡合宿を経て、鹿児島にやってきた。

 「思い出深い場所ですねぇ」
 武隈は感慨深げに振り返った。思い出すのは高3だった15年の夏、4回戦で鹿児島と対戦し、4回まで0対6のコールドペースのビハインドから7点を返し劇的な逆転勝利で8強入りした試合だ。1つ下の櫻木も同じ試合に出ていたが「苦い思い出もあります」と苦笑する。1年後、櫻木が最後の夏、2回戦で国分中央に何もできずに0対14で7回コールド負けの惨敗を喫したのもこの球場だった。様々な思い出が詰まった球場で、大学野球の鍛錬ができることに不思議な縁を感じていた。

 2人とも「東大で野球をやる」ことが受験勉強のモチベーションだったという。
 高校最後の夏に8強入りした武隈だったが、中軸打者としての活躍が期待されながら不振のままで終わったことに強烈な後悔があった。「野球で人を感動させるような選手になりたい」と思ったとき、東京6大学リーグが選択肢で浮かび、その中でも「自分がレギュラーになれる可能性が最も高い」と思った東京大を目指した。現役では不合格だったが、一浪して目標をクリアした。櫻木も最後の夏の惨敗がモチベーションだった。こちらも現役不合格だったが、武隈や2学年上で今年卒業する濵﨑貴介が一浪して合格したのを見ており「流れができていた」。



練習中の武隈光希(鶴丸出身)

 東京大での野球生活は「目指す価値のある場所だった」と武隈は言う。大学野球の聖地・神宮球場であるリーグ戦は最低でも3000人、多いときは1万人を超える観衆が集まる。なかなか勝てないが毎試合応援団が駆けつけ、惜しみない声援を送ってくれる。ネット配信なども充実していて、大学野球界での注目度はトップクラスだ。「応援されることが当たり前にある環境」(櫻木)は間違いなく大学で野球を極めようとするモチベーションになっている。対戦する相手はプロ注目の選手や、甲子園出場経験のある猛者がそろう。「全てが恵まれた環境にある。あとは結果を残すだけですね」と武隈は苦笑した。

 東京大は現在、リーグ戦42連敗中。武隈が1年秋に法政大から勝ち点を挙げて以降、勝ち星がない。3、5番の中軸で外野もしくは一塁を守る武隈は「打撃長」としてチームの攻撃のリーダー役だ。140キロ前後の直球なら対応できるが、「145キロを超えると全く打てていない」と分析し、マシンの球速を145キロ以上に設定するなど、まずは球威のある直球を打ち返せるようになることを目標に掲げる。「今年は投手陣が昨年より落ちるので、打撃陣の奮起がカギを握る」と櫻木も感じている。
 連敗ストップのためにライバルチームを分析すると「昨秋日本一の慶応大は別格だが、他のチームには勝てる力は持っている」と武隈は感じている。四死球やエラーで自滅する試合が多くあり、「自分たちから崩れないようになること」がこれからリーグ戦までのテーマになる。

 外野手の櫻木も打撃が持ち味だが、1年冬に左肩を脱臼して以降、脱臼癖がついてしまい、昨年4月末に手術して昨季は全く試合に出られなかった。昨年12月にようやく練習に復帰できるようになり、間に合わなければ今回の合宿にも参加できず居残り組になるところだったが「ようやく間に合って、スタートラインに立てた」と安どする。前日の中央大のオープン戦では復帰後初ヒットも放ち、自信を取り戻しつつある。

 先輩・武隈と同じ外野手であり、トップチームで生き残るためには代打で結果を出すことに活路を見出す。「1球目からしっかり打てること」を練習から意識する。チームの連敗脱出のカギは「自信を持つこと」だと言う。そのためにも「オープン戦からしっかり勝つことを意識していきたい」。

 6日に対戦する鹿児島大には武隈と同級生の山田拓人、櫻木と同級生の有木 和也、有村祐太、東翔大がいる。かつて勝利の喜びも敗戦の悔し涙も共にしたチームメートと、高校時代と同じ球場で真剣勝負ができる機会は「多分、もう2度とないと思う」(櫻木)。だからこそ「勝ちにこだわりたい。リーグ戦直前並みに仕上げてきました」と武隈は張り切っていた。

(記事=政 純一郎


関連記事
【鹿児島キャンプレポート】慶応大vs第一工業大、鹿児島国際大
21世紀枠代表は都市部よりも地方勢の方がやはり有利

【関連記事】
鶴丸vs明桜館【鹿児島県 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会】
沖縄出身初の東京大野球部員 島袋祐奨(東京大)の「文武両道」の秘訣に迫る! 【ニュース - インタビュー】
東京大野球部 前監督・浜田一志さんが語る「文武両道で東大野球部に入るための4つの法則」 【ニュース - コラム】
第9回 勉強嫌いな球児でも文武両道で東大野球部に入るための4つの法則 東京大野球部 前監督・浜田一志さん【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
東京大vs鹿児島大【2020年 大学野球練習試合(交流試合)・春】
枕崎vs鶴丸【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鶴丸vs指宿商【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鶴丸vs沖永良部【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」【大会展望・総括コラム】
第628回 初戦から激戦必至!鹿児島県大会の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第38回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して三すくみ状態に(鹿児島)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
武隈 光希(鶴丸) 【選手名鑑】
大成 【高校別データ】
鶴丸 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
佼成学園、立正大立正などが都大会へ進出!【秋季東京都大会一次予選・22日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る