今年は大チャンス! 西武の高卒生え抜きの愛斗(花咲徳栄出身)はレギュラーを奪えるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.02

西武ライオンズの愛斗(花咲徳栄出身)

 パリーグ3連覇を目指す西武は、今年も山川穂高や森 友哉を中心とした打線が鍵になる。昨年から比べると秋山 翔吾(現レッズ)が抜けたことによる不安はあるものの、新外国人選手としてコーリー・スパンジェンバーグを補強した。

 しかし、新外国人選手の成績は蓋を開けてみなければわからない。その他の若手選手たちの突き上げも欲しいところだろう。

 これまでの西武を見ると、高卒の選手たちが次々にチームの主力へと育っていった。現在チームに残っている選手では中村剛也や栗山巧がそうだろう。

 また、遊撃手という難しいポジションを松井稼頭央(現二軍監督)、中島裕之(現巨人/現登録名:中島宏之)、浅村 栄斗(現楽天)と高卒の若手有望株で繋げていったことも記憶に新しい。

 しかし、2005年のドラフト以降で指名された高卒の選手を見ると、主軸に育った選手は多くない。炭谷 銀仁朗(現巨人)と投手から外野手へ転向した木村文紀、そして森 友哉の3人だけ。

 炭谷と森は捕手であり、木村は投手からのコンバート。内野手、外野手として指名されレギュラー格に育った選手がいないのである。2桁本塁打を記録したことがあるのも、木村と森の2人だけしかいない。

 そんな中、秋山の後釜となりうる外野手を見渡すと高卒5年目の愛斗の名前が挙がる。

 愛斗は昨シーズン代走や守備固めでの出場が主だったが、一軍で自己最多の42試合に出場した。打率.151(53打数8安打)と打撃面での課題はあるが、二軍では打率.302(192打数58安打)、8本塁打を記録している。

 2018年には13本塁打(99試合)、2017年には8本塁打(43試合)と二軍では本塁打を打てるパワーがあるのは心強い。一軍の投手に対応ができれば、2桁本塁打も目指せるだろう。

 現時点で外野は中堅の金子 侑司こそ当確だが、両翼は定まっていない。スパンジェンバーグ、木村文紀、鈴木 将平そしてウインターリーグで結果を残した川越 誠司とライバルは多い。

 はたして愛斗は争いを勝ち抜き、開幕スタメンに名を連ねることができるだろうか。

【西武の高卒野手】
※2005年ドラフト指名以降
※育成指名は支配下昇格選手のみ記載
※☆は2020年シーズンNPB/MLB現役
※★は2桁本塁打経験者

炭谷 銀仁朗平安/捕手/2005年高校生1巡)☆※現在は巨人
木村文紀(埼玉栄/投手/2006年高校生1巡)☆★※プロ入り後に外野手へ転向
梅田 尚通鯖江/内野手/2007年高校生4巡)
中田 祥多鳴門工/捕手/2007年高校生5巡)
斉藤 彰吾春日部共栄/外野手/2007年高校生6巡)☆
石川 貢東邦/内野手/2009年4位)
駒月 仁人塔南/捕手/2011年3位)☆
永江 恭平海星/内野手/2011年4位)☆
森 友哉大阪桐蔭/捕手/2013年1位)☆★
金子 一輝日大藤沢/内野手/2013年4位)
山田 遙楓佐賀工/内野手/2014年5位)☆
大瀧 愛斗花咲徳栄/外野手/2015年4位)☆
鈴木 将平静岡/外野手/2016年4位)☆
西川 愛也花咲徳栄/外野手/2017年2位)☆
綱島 龍生糸魚川白嶺/内野手/2017年6位)☆
牧野 翔矢遊学館/捕手/2018年5位)☆
高木 渉真颯館/外野手/2017年育成1位)☆
川野 涼多九州学院/内野手/2019年4位)☆

(文=勝田 聡)


関連記事
コンパクトなフォームで安定感アップ 西武・松本航(明石商出身)が5回無失点投球で開幕ローテに前進
西武ライオンズにいる3人の甲子園優勝投手。開幕1軍を目指す3人が実戦登板でアピール中!
秋山翔吾の穴を埋めるのは?2ランを放った大型外野手・川越誠司が好アピール!

【関連記事】
主力捕手はドラフト1位! 西武歴代のドラフト1位でチームを組んでみた 【ニュース - 高校野球関連】
目標は森友哉選手!打てる捕手として全国優勝に貢献した本田凌太選手(浦和シニア)に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1173回 セカンド送球は1.9秒台。スワローズジュニアにも選ばれた本田凌太(浦和シニア)が目指すのは「打てる捕手」  【2020年インタビュー】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
第222回 2019年 石川昂弥や黒川史陽など地方大会でキラリと光ったドラフト候補の野手たち【ドラフト特集コラム】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第24回 勝利と育成の両立を可能にした「状況に応じた野球」の追求 西京ビックスターズ(京都)【前編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第63回 佐賀工(佐賀)自主性を大事にするグリーン野球と全力疾走を武器に甲子園へ!【冬が僕らを強くする2019】
第817回 3年連続の聖地へ!目指すは全国区のショートストップ!韮澤雄也(花咲徳栄)の決意 【2018年インタビュー】
第675回 松田憲之朗(龍谷大平安)「平安のDNAを受け継ぐスラッガー。目指すは甲子園100勝」 【2018年インタビュー】
海星vs清峰【長崎県 2010年夏の大会 第92回長崎大会】
綱島 龍生(糸魚川白嶺) 【選手名鑑】
石川 貢(東邦) 【選手名鑑】
梅田 尚通(鯖江) 【選手名鑑】
大瀧 愛斗(花咲徳栄) 【選手名鑑】
金子 一輝(日大藤沢) 【選手名鑑】
川野 涼多(九州学院) 【選手名鑑】
駒月 仁人(塔南) 【選手名鑑】
斉藤 彰吾(春日部共栄) 【選手名鑑】
鈴木 将平(東海大望洋) 【選手名鑑】
鈴木 将平(静岡) 【選手名鑑】
炭谷 銀仁朗(平安) 【選手名鑑】
高木 渉(真颯館) 【選手名鑑】
中田 祥多(鳴門工) 【選手名鑑】
永江 恭平(海星) 【選手名鑑】
西川 愛也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
牧野 翔矢(遊学館) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
山田 遙楓(佐賀工) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
渡邉諒と二遊間を組んだ新海亮人は23歳で高校監督に!2012年夏ベスト4の東海大甲府ナインのその後は?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る