広島・高橋大樹(龍谷大平安出身)がオープン戦で二打席連続弾 雌伏の時を経て、8年目の大ブレイクとなるか

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.01

広島の高橋大樹(龍谷大平安出身)

 2012年のドラフト1位・髙橋 大樹龍谷大平安出身)が1日、中日ドラゴンズとのオープン戦で2打席連続の本塁打を放って開幕1軍へ猛アピールした。

 5回裏の守備から出場した高橋は、7回表の第1打席でロドリゲスからソロホームランを放つと、9回表の2打席でもランナーを一人置いた場面でレフトスタンドへのツーランホームランを放った。
 オープン戦ではここまで、6打数1安打と決してアピールは出来ていなかったが、5試合目の出場で見事結果を残した。

 2012年のドラフト1位で、龍谷大平安から広島東洋カープへ入団した高橋。
 高校通算43本塁打のスラッガーとして大きな期待を寄せられたが、プロ入り後はなかなか結果を残すことが出来ず、同期入団の鈴木 誠也に大きな差をつけられる形となった。

 それでも腐ることなくフォームで地道に力をつけていき、昨年は1軍で27試合に出場。6月にはプロ初本塁打を放つなど、着実にステップアップしてきた。

 今季は8年目を迎え、年齢的にも勝負の年と言える。
 雌伏の時を経て、高橋が「8年目のブレイク」となるか注目だ。

(文=栗崎 祐太朗)


関連記事
鈴木誠也のスイングに見る、バッティングで大事なのは飛距離だけではない
甲子園を沸かせたスラッガー・中村奨成(広島東洋)が語る打撃面の課題
小園海斗(報徳学園出身)も続くか? 広島の高卒生え抜きの2桁本塁打達成者からは日本代表が3人

【関連記事】
前田健太、大瀬良大地ら全員がシーズンで勝ち越し 過去5年の広島の開幕投手たち 【ニュース - 高校野球関連】
ちょうど1年前の3月25日の選抜甲子園 津田学園・前佑囲斗の熱投や山梨学院の24得点 【ニュース - 高校野球関連】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1回 近畿の高校野球を沸かせたBIGな話題で振り返る! 2019年近畿地区の3大ニュース【近畿地区の高校野球】
第991回 大混戦を勝ち抜き京都翔英が優勝を飾った秋季京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
東山vs龍谷大平安【京都府 2019年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
龍谷大平安vs塔南【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
龍谷大平安vs日星【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
龍谷大平安vs花園【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
明豊vs龍谷大平安【第91回選抜高等学校野球大会】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 龍谷大平安に現れた俊足好打の1番打者・中島大輔(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
鈴木 誠也(都立東) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(二松学舎大附) 【選手名鑑】
髙橋 大樹(龍谷大平安) 【選手名鑑】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
「島から甲子園」を目指す! 徳之島(鹿児島県)の取り組みに迫る!
次の記事:
大学選手権42回出場の強豪・福井工業大の新入生で期待したい7名の逸材たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る