超高校級右腕・篠木健太郎(木更津総合)が主将に就任!篠木ともに投手陣はレベルアップ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.29

篠木健太郎(木更津総合)主将

 昨秋ベスト4の木更津総合は2年ぶりの夏の甲子園出場を目指し、レベルアップに励んでいる。28日の練習では、紅白戦も行った。その中でチームの軸として期待される146キロ右腕・篠木 健太郎は、昨年の反省点として、「力んでしまってボールが高めに浮いてしまいましたが、変化球の引き出しが少なく、力勝負になってしまうところがありました」と、現在では日々の投球練習では、フォームの改善と変化球習得に取り組んでいる。投球練習後では、捕手と話し合って、変化球の質、コントロールを確かめていた。

 五島卓道監督は投手陣の成長には手ごたえを感じている。以前から二枚看板として注目されていた140キロ左腕・吉鶴 翔瑛はさらにストレートの勢いが増し、長身右腕・川端光明も140キロに達し、技巧派左腕・熊谷尚也も成長中。五島監督は「今年は4枚いますね」と篠木の負担を軽くできる投手陣となった。

 打線についてはて1年春からレギュラーだった山中海斗が豪快なホームランを放ち、力強さが増している。五島監督は「もう少し力強さが出てくれば。今までは1点取られてしまうと、その重みを感じてしまう。春では1点ぐらい気にしないぐらいの打力が出てくれば、投手陣の精神的な負担も減りますし、投手の投球内容も変わってきます」とレベルアップを願っている。

 また昨秋の県大会後からエースの篠木が主将となった。五島監督の長い監督生活の中でも背番号1をつける選手が主将となったのは史上初。周りを見通す、そしてチームメイトを気遣って行動できる人間になってもらいたいという思いで抜擢した。篠木は超高校級の実力を持ちながら、中学時代はオール5で、野球部唯一の特進クラス。文武両道を実践している選手として、チームメイトからの信頼も厚い。篠木は「最初は大変でしたけど、少し周りは見えてきましたし、選手たちに勝ちたい意識を身につけることはできるようになってきました」と主将の仕事も全うしている。

 コロナウイルス感染拡大の影響で、全国の小中高に休学要請があった。それはもちろん木更津総合も影響しており、3月中はスケジュールを見直し中だ。

【関連記事】
第972回 声だけでベンチに入った選手。比護涼真(現・関東学園大)から見える木更津総合の強さ【高校野球コラム】
【動画】関東No.1右腕候補 木更津総合・篠木健太郎に密着!エースとして、主将として最終学年に挑む! 【ニュース - 高校野球関連】
地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!勝利を掴むのはどこだ! 【ニュース - コラム】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
習志野vs木更津総合【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs中央学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs東海大浦安【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs千葉明徳【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
木更津総合vs木更津【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第935回 【千葉大会総括】令和最初の千葉大会はノーシード8校がベスト16!戦国千葉に相応しい大会に【大会展望・総括コラム】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第962回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第960回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
第953回 18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く 【2019年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
平石前楽天監督がソフトバンクへ 最近話題のPL学園高校OBたち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る