明石商で卒業式!全国1位タイの昨年春夏甲子園通算6勝を挙げた3年生41名が巣立つ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.26

花束を受け取る重宮涼選手(卒業後は日体大へ)

 各地で高校の卒業式が行われていますが、第92回選抜高等学校野球大会に出場する明石商でも26日に卒業式が行われました。昨年の甲子園では春夏連続ベスト4。しかも春夏合わせて6勝(春3勝、夏3勝)は、夏の決勝に進出した履正社(夏6勝)と星稜(春1勝、夏5勝)と並んでトップ。その中心メンバーだった3年生41名がこの日で高校を卒業。

 卒業式終了後にはグラウンドで3年生が1,2年生の前で並び、一言ずつ後輩にメッセージ。「僕たちが果たせなかった全国制覇を成し遂げてください」や、「センバツでベンチ入りできなくても、あきらめずに頑張ってください」など1、2年生を激励しました。そして「お父さん、お母さん3年間ありがとうございました」「指導者のみなさん、アツい指導をありがとうございました」と保護者、監督、コーチ陣にもお礼の言葉を述べ、2年生からは3年生へ花が手渡され、言葉を交わし合いました。

狹間善徳監督は3年生を前に、「卒業おめでとう」と切り出し、こう語りかけました。
「この学年は3回甲子園に出られた。全員がしんどい練習を一生懸命やってくれました。その中で、今日はやる気がないとか、調子に乗る選手もいて、引き締めながらここまできたけど、就職や進学をして、これから成人になってそういう態度をとってしまうと、その会社には必要ないと言われるくらい厳しいもんやと思う。

 今までは10の事があっても2,3は楽しいことがあったと思うけど、これからは10の事があったら10しんどいと思う。理不尽なこともあるし、これは正しいのになと思うことも、そう思われなかったりする。俺も失敗と挫折の繰り返しでここまできた。その中で一番大事にしてきたのは、人としてどうなのか。躓いた時は誰かが声をかけてくれて、もうちょっと頑張ってみよかとここまできた。

 人のことを思いながら、信用信頼を勝ち取れ。この3年間やってきたことをプライド、誇りにしていけば、どんな状況になっても耐えられると思う。これから誰にも負けるなよ。もし行き詰まったら、いつでもここ(明商)に帰ってこい。いつも言っているように、命が一番大事やで。命があったら何回でも繰り返せる。その気持ちをもってしっかりやれ。もがいてこい。これからのお前らの活躍を見るのを楽しみにしている」。 (一部抜粋)

 春夏と主将を務めた重宮涼選手は、「1年前は自分たちが(先輩に)花を渡したのでちょっと違和感があります」と笑みをみせながら、「自分の野球人生が変わった場所。いろんな経験をして、人間的に成長させてもらいました。普通ではありえない経験ができたのは、これからの人生の役に立つと思います。人としてどうするべきかを監督さんから熱心に教わったので、そうできる大人になりたいです」と3年間を振り返りながら今後の人生へ向けての抱負を話しました。

 U-18日本代表でもマスクをかぶった水上 桂選手は、「充実した3年間を過ごせました。人に対する礼儀など、監督さんから教わった」と3年間を振り返り、「来田(涼斗主将)の世代は僕たちのできなかった全国制覇をできる力を持っていると思う。1戦1戦集中して戦って、全国制覇を成し遂げてほしい」と話しました。バッテリーを組んだエース・中森 俊介投手に対しても、「スピードだけの投手になってほしくないので、調子が悪いときも抑えられる投手になってほしい。いずれまた同じ舞台(プロ)で一緒にやりたいですね」とエールをおくりました。

 最後は全部員、保護者や指導者陣とも記念撮影をし、3年生41名は明石商業のグラウンドを巣立ちました。大学や就職といった次のステージでの活躍が楽しみです。

そして、3年生があとにしたグラウンドでは、すぐに1、2年生が練習を始め、3月に迫った春に目を向けていました。

(文=松倉 雄太

【関連記事】
高校野球の春季兵庫大会中止  明石商、報徳学園など秋季大会上位4校の監督に聞く 【ニュース - 高校野球関連】
ちょうど1年前の3月30日の選抜甲子園 東邦、明石商、智辯和歌山の3校が順当に8強へ 【ニュース - 高校野球関連】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器【野球部訪問】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
第1095回 化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」。【後編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
関東一vs明石商【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
明石商 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
甲子園出場経験者は約9割!春日部共栄・村田、愛産大三河・上田など明治大合格者14名は逸材揃い
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る