大学野球ではキャンプ中止も 新型コロナへの対応に高校の野球部も再考を!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.25

 

 プロ野球のキャンプは終盤。すでに打ち上げた球団もあり、オープン戦が各地で行われています。
 アマチュア野球も、社会人、大学などが各地でキャンプ(強化合宿)を行っています。特に沖縄はプロキャンプ終了後の施設を、ほぼそのまま使えるため、大学や社会人でも人気があります。

 しかし今年は、ご存じのように新型コロナウイルスの影響が出ており、野球界でも影を落としそうです。
 東京六大学野球連盟の早稲田大学野球部では23日に、大学総長からの「体育各部の合宿並びに遠征の全面中止の指示」による理事会の決定に従い、2月27日(木)から3月14日(土)で予定していた沖縄強化合宿と現地でのオープン戦の中止を発表しました。

 また近畿学生野球連盟の大阪市立大学も21日に、「大阪府から大阪市立大学に向け、大学主催のイベント等を2月25日(火)から3月20日(金)までの期間、原則中止するよう通知」が発せられたことを受け、3月1日(日)から7日(土)で予定していた鹿児島での合宿中止と、通知対象期間(2月25日から3月20日)の大阪市立大学グラウンドで予定されていたオープン戦の中止が発表されています。

 このように、部独自ではなく、関係機関(行政や学校上層部)などの指示を受けて、やむなくキャンプやオープンといった行事を中止にする動きが今後も出てくるかもしれません。

 高校野球でも3月8日(日)の対外試合(練習試合)解禁に合わせて、沖縄などへ遠征しての練習試合や合宿を企画するチームが毎年多くなっています。そこで、今一度、校長などの学校側と(公立校は教育委員会などとも)話し合って、練習試合や合宿といった計画を決めていく必要がありそうです。
 状況によってはあまり学校から遠い地域へ練習試合での遠征をしないといった判断も求められそうです。

(記事=松倉 雄太


関連記事
選抜甲子園は予定通り開催予定 コロナウイルスには「状況や他競技の運営等を参考にしながら判断」
第92回選抜高等学校野球大会、1回目の選手登録は17日締め切り!
果物を食べて体のメンテナンス

【関連記事】
2年生エース・小島と安楽が対戦!2013年の選抜決勝戦を戦った浦和学院と済美ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
プロ入り選手が8名。2010年秋の優勝決定戦に登場した早慶の戦士たちのその後がすごい 【ニュース - 高校野球関連】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第106回 高校球児に伝えたい! こんなときだからこそできること ピンチをチャンスに 自分に向き合う時間を作る 髙司譲さん(フィジカルファクトリー代表)【高校野球コラム】
第978回 記者は今、何を思う?30年以上、高校野球を取材してきた手束仁氏の手記「中止と決まった以上は...」【高校野球コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第64回 有原 航平(広陵ー北海道日本ハムファイターズ) 「スケールの大きい『実直・真面目』な姿に自然と期待が膨らんでいく」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
侍ジャパンU-18代表vs早稲田大学【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本

コメントを投稿する

次の記事:
創部1年で選抜初出場!野山 慎介主将が選手宣誓を務めた2011年の創志学園ナインのその後を紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る