今年の中国大会、島根&山口大会のスケジュールは!?春の中国大会は休養日新設!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.22

 島根県高等学校野球連盟と山口県高等学校野球連盟の年間行事予定がHPで公開されました。(島根県高野連HP)(山口県高野連HP)

 今年の中国大会は春が岡山県、秋は島根県が主管の予定。

 日本高等学校野球連盟から3日連戦日程の回避の方針が出たことを受けて、これまで3日間連戦だった春の中国は、準決勝と決勝の間に休養日が新設されました。秋の中国は例年通りの2週開催です。

 一方、鳥取と島根の春の上位校が出場する山陰大会は、例年通りの3日間連戦の日程になりました。

 夏の島根大会は7月10日に開幕し、24日に決勝予定。準決勝と決勝の間に休養日を設け、準決勝前にも終業式を含めて2日間の休みが予定されています。

 改修工事が終わって新装オープンする県立浜山球場が2年ぶりに使用され、秋の中国大会とともにメイン会場になります。

 山口大会は7月11日に開幕し、30日に決勝の予定。準々決勝翌日と準決勝翌日に休養日が設けられているほか、祝日となる23日と24日にも試合を組まない計画です。

 今シーズンの中国地区、そして島根と山口の高校野球にも注目していきましょう。

(文=松倉 雄太

【関連記事】
近年の甲子園出場はフレッシュな私学校が相次いでいる山口県の勢力図に迫る! 【ニュース - コラム】
第81回 決勝進出校が、都合8度という山口県のしぶとさ【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
開星が牽引する島根の勢力図!石見智翠館と立正大淞南が追走し3強を形成! 【ニュース - コラム】
第78回 私学3強、開星が突出して石見智翠館と立正大淞南が追いかける【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第667回 石見智翠館の連覇で幕を閉じた春季島根県大会を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
第654回 宇部工が42年ぶりの春制覇で幕を閉じた春季山口県大会を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
第645回 今大会最注目の下関国際と「春連覇」を狙う、昨春の県大会王者・宇部鴻城【大会展望・総括コラム】
山口vs慶進【山口県 2018年春の大会 春季山口県高等学校野球大会】
宇部商vs小野田工【山口県 2018年春の大会 春季山口県高等学校野球大会】
山口鴻城 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
アグレッシブベースボールを継承する小松勇輝(東海大)!東海大相模の魂を胸にさらなる飛躍を目指す!
次の記事:
活動中止の波が広がる中学野球 リトルシニアはTシャツの無償配布で「選手たちに勇気を」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る