• トップ
  • ニュース
  • 高校野球関連
  • 阪神2位・井上がシート打撃で泳ぎながら本塁打 高校時代から秀でていた「崩されながらもボールを捉える技術」

阪神2位・井上がシート打撃で泳ぎながら本塁打 高校時代から秀でていた「崩されながらもボールを捉える技術」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.21

履正社時代の井上広大(阪神タイガース)

 阪神タイガースのドラフト2位ルーキー・井上 広大が、またしても大器の片りんを見せた。2月20日の2軍キャンプでケース打撃に入った井上は、フルカウントから福永春吾の低めのカーブを捉えて左翼スタンドへ運んだ。

 15日の四国銀行との練習試合でも本塁打を放っていた井上だが、「プロ初打席初球本塁打」の前回に続いて、今回は「泳ぎながらの本塁打」だった。
 持ち前のパワーが改めて証明され、首脳陣も井上本人も驚きの表情を見せた。

 元々、井上は崩されながらもボールを捉える技術が秀でていた選手であった。
 象徴的だったのは、昨年の第101回全国高校野球選手権大会3回戦の高岡商戦だ。高岡商の軟投派右腕・荒井 大地が投じた99キロのカーブに対し、井上はやや体勢を崩されたが、肘を伸ばして拾うように捉えて、打球は左中間スタンドへ一直線。これが高校通算48号本塁打となり、チームの準々決勝進出に大きく貢献した。

 長打力ばかりが注目されがちな井上だが、ボールを飛ばすメカニズムがしっかりと身についていることも忘れてはならない。

 シート打撃自体は5打数1安打1三振と、課題も残した井上。スケールとポテンシャルは新人の中でもトップクラスだけに、プロのボールへの対応力を磨いて、まずは2軍で実績を積み重ねていきたいところだ。

(記事=栗崎 祐太朗)

関連記事
高校時代は青森でしのぎを削った木浪聖也と北條史也 虎の正遊撃手を掴むのは?
評価急上昇中の遠藤成(阪神) 高校時代から「実戦派野手」の呼び声高く1年目から試合経験を
原口文仁、梅野隆太郎、嶺井博希ら捕手豊作な1991年世代!現役捕手は7名がプレー!

【関連記事】
プロ志望届けを出した速球派右腕など国士舘大学の新入生から7名の逸材をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
なぜ千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)は超一流になれたのか 恩師が語る鳥谷の高校時代 【ニュース - コラム】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
海星vs履正社【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
センバツ決勝戦のはずだった3月31日。過去5年のセンバツを振り返る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る