2018年甲子園優勝投手・柿木蓮(大阪桐蔭出身)、2年目の飛躍へ二軍戦で好投中!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.20


大阪桐蔭時代の柿木蓮

 北海道日本ハムの2年目・柿木 蓮大阪桐蔭出身)は横浜DeNAとの二軍戦で無失点の好投を見せた。

 大阪桐蔭時代は最速151キロ右腕として甲子園優勝投手。U18代表にも選ばれ、実戦タイプの投手として5位指名ながらも二軍での活躍を期待されたが、プロ1年目は二軍で26試合 2勝4敗 43.2回 25奪三振 防御率8.24と悔しい投球内容に終わった。

 だが、春季キャンプの投球内容を見ると、去年より進化した姿が見える。まず投球フォームを見ると以前よりもタメが効いて、上半身を一気に旋回する動きとなり、140キロ前半でもタイミングがとりにくくなり、球速表示自体は高校時代より落ちているように見えるがボールの勢いは格段に良くなったこと。またマウンド上でも粘り強く投げる姿が伝わってきた。

 柿木は目の前の打者1人1人抑えて信頼を集め、そしてスキルアップするしかない。

 その積み重ねで一軍昇格の道が見えてくるはずだ。

関連記事
河野 竜生(JFE西日本) 北海道日本ハムファイターズドラフト1位として 「想い」を持って北の大地へ降り立つ!
【ドラフト指名一覧・北海道日本ハムファイターズ】即戦力選手を多く獲得し、来シーズンにチームの立て直しを図る
【ドラフト総括・北海道日本ハムファイターズ】高卒中心の例年とは一転!唯一の高卒は京都国際・上野響平!

【関連記事】
「人間的に大きく成長した期間」大阪桐蔭の元主将・中川卓也(早稲田大)が語る高校時代 【ニュース - インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
松坂大輔2世と呼ばれた髙田萌生(創志学園出身)。先発ローテーション入り、1軍勝利を目指して 【ニュース - 高校野球関連】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第74回 通算180本塁打のスラッガー・浅村栄斗(東北楽天)が大阪桐蔭に入学した意外なワケ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
柿木 蓮(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
センバツ決勝戦のはずだった3月31日。過去5年のセンバツを振り返る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る