東都三部・東農大の新入生のレベルは東都一部・東京六大学レベル!14人の逸材をピックアップ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.18


飯島一徹(東農大三)

 昨秋、悔しい東都リーグ三部落ちの東農大。しかし新入生のレベルは非常に高い。

 入学する選手のレベルの高さは全国的に見てもトップレベルで、東都一部、東京六大学と比較してもすごいのでは?と思わせる顔ぶれだ。

 30人の新入生の中からピックアップして、14人の逸材を紹介したい。

■投手
飯島 一徹東農大三
石森 健大東北
髙野 裕輝大阪桐蔭
小島拓也(藤代
宮里 優吾岩倉
林 彪太郎熊本工
■捕手
青山 典勢熊本工
橋本 大樹山村学園
■内野手
井口 真之介東農大三
渋谷 嘉人関東一
中村 太陽前橋育英
平山 直之(専大松戸
■外野手
大和 佑一郎常磐大高
森下 尋水沖学園

 飯島 一徹東農大三)は春の県大会で花咲徳栄に完投勝利。145キロの速球、130キロ近いフォークのコンビネーションが素晴らしい本格派右腕。夏の大会では調子を落としてしまったが、春の県大会では指名クラスのピッチングだった。1年から活躍が期待できるだろう。

 石森 健大東北)はスムーズなテークバックから繰り出される130キロ後半の速球を投げ込む快速球左腕。

 髙野 裕輝大阪桐蔭)は140キロを超える速球を投げ込む本格派左腕。昨年の大阪桐蔭の投手陣でもポテンシャルはトップクラスだった

 小島拓也(藤代)も130キロ前半の速球とスライダーをコントロールよく投げ分ける右腕。宮里優吾(岩倉)は最速147キロのストレート、落差鋭いフォークを投げ込む本格派右腕。

 林 彪太郎熊本工)は、最速138キロのストレートとキレのあるスライダーを投げる好左腕で、投手の顔ぶれは東都一部と比べても負けていない。

 捕手はプロ志望届けを提出した橋本 大樹山村学園)は1.9秒台のスローイングと本塁打を打てるパンチ力が備わった強打の捕手。青山 典勢熊本工)は甲子園を経験した実力派の捕手だ。

 内野手は井口 真之介東農大三)は投手としても135キロ前後の速球を投げ込むサイドハンドだが、野手としてもパンチ力ある打撃が光る。大学では野手に専念する。渋谷 嘉人関東一)は甲子園でも活躍を見せたショートストップ。バットコントロールの良い打撃と守備範囲の広い守備が魅力。さらに主将としてチームをまとめたキャプテンシーの高さもあり、人間性を見てもチームの要になりそうな選手。中村 太陽前橋育英)も基本を重視する前橋育英にもまれただけあって確実性の高い遊撃守備が持ち味。平山 直之(専大松戸)も小柄ではあるが、パンチ力ある打撃と強肩が光る三塁守備を兼ね備えた実力派だ。

 外野手では大和 佑一郎常磐大高)は強肩巧打の外野手。ポテンシャルの高さを考えれば、ドラフト候補として注目される外野手になる可能性を秘めている。森下 尋水沖学園)も50メートル6秒台を切る大型外野手だ。

 投手はドラフト候補として注目された飯島を含め、将来的にはドラフト候補になりうる人材が多く入学。捕手、内野手は人間性、意識も高い選手が集まった。今年限らず、ここ数年の選手たちを見れば、三部にいるようなチームではない。昨年まで二部で苦戦を強いられていた東農大。東農大が二部に挙がり、優勝争いできるチームまでになると、さらに東都二部のレベルは引きあがり、多くの野球関係者に注目が集まるチームになり、選手の出口もさらに良くなると考える。ぜひ彼らの入学で逆襲を実現したい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
立教大の16勝左腕・田中は大阪ガスへ!両投げ投手・赤塚は海外留学、元浦学エース・江口はJALへ
駒大卒部生の進路を公開!U18代表・上野は三菱日立パワーシステムズ、甲子園出場の小川(近江出身)は永平寺へ
U18代表の飯塚 脩人(習志野)を筆頭に今年の早稲田大スポーツ推薦合格者4名の顔ぶれが豪華すぎる!!

【関連記事】
東農大三vs本庄東【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
東都三部から出直しする東農大。今年は全学年に逸材揃う 【ニュース - 高校野球関連】
山村国際vs東農大三【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
東農大三vs本庄東【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第1003回 これが9番!?ネガティブを成長に変えた岩手育ちの「大型捕手」 菅原謙伸(花咲徳栄) 【2019年インタビュー】
強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム!攻めの姿勢で聖地を目指す飯島一徹(東農大三)の意気込みとは? 【ニュース - インタビュー】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第992回 奪三振率の高さを生み出す「強い信念」と「明確な自己分析」 豆田泰志(浦和実) 【2019年インタビュー】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs銚子商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
桐光学園vs東農大三【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
飯島 一徹(東農大三) 【選手名鑑】
東農大三 【高校別データ】
東農大一 【高校別データ】
東農大二 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
巨人・松原聖弥は仙台育英時代に甲子園未出場も8年の時を経てブレイクの兆し
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る