サインが複雑!オリックスのドラ1の宮城大弥が感じた「プロ」と「高校」の違い

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.14

プルペンで投球練習を行う宮城大弥(オリックス)

 オリックスのドラフト1位ルーキー・宮城 大弥興南出身)は、初めてのキャンプをここまで順調に過ごしてる。

 12日に4度目のブルペン入りをした宮城は、キャッチャーを中腰で40球を投げ込んだ。まずは土台を作っていくチームの方針もあり、キャッチャーは座らせずに球数も無理のない範囲で抑え、今は焦らずにプロとしての土台作りに専念している。

 「調子はいつも通り可もなく不可もなくという感じです。たまにリリースする際にタイミングがズレると、シュートしたりカットボールになることがあるので、そこは気をつけたいと思います。慌てずにしっかり土台を作ってから、座らせようかなと思ってます」

 とは言え、焦りが全く無いかと言えばそうではない。
 キャンプではプロのレベルの高さに圧倒される毎日で、投内連携ではサインの多さに苦労している。今は一つ一つを確認しながら覚えている段階と宮城は話し、実践で戸惑いのないようにしたと先を見据える。

 「やっぱり高校とはレベルが違います。サインも多くなりますし、複雑にもなります。今は一つずつしっかりと覚えたいと思ってやっていますね」

 今はまだわからないことの方が多く、先を考える余裕もないが、目の前にあるものを一つずつクリアしていこうという前向きな姿勢は感じさせる宮城。このキャンプではまず、練習や練習以外の面でもチームに慣れていきたいと意気込みを語った。

 「コーチからの指導もまだ特にないですし、どんな1年にしたいとか、そういった話しもまだしていません。自分の中でも、まずはチームに慣れることを優先した方がいいのかなと感じています」

 早くも1軍キャンプで注目を浴びる高卒ルーキーもいるが、焦らずマイペースを貫けることも宮城の長所と言えるだろう。琉球の実戦派サウスポーが、1軍で活躍する姿を楽しみに待ちたい。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)
オリックスの外野陣の練習にマシンあり?佐竹学コーチに聞く、プロとアマチュア外野手の違い
ドラフト5位でも侮れない勝俣翔貴(オリックス)の潜在能力に注目

【関連記事】
プロ5年目を迎えるオリックス・吉田凌の現在地。鍵を握るのは「スライダーを活かすボール」 【ニュース - 高校野球関連】
充実の表情を見せるオリックス・山本由伸 東京五輪で先発起用の可能性も「まずはチームの勝利を」 【ニュース - 高校野球関連】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第7回 2019年沖縄の高校野球は『燃』えるような試合ばかり!漢字一文字で1年間を総括!【沖縄の高校野球】
第24回 U-18代表、2020年ドラフト注目選手が上位独占!2019年人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第999回 小さな学校大きな夢! 21世紀枠九州地区代表・本部高校(沖縄)【野球部訪問】
第6回 沖縄担当・當山雅通が選ぶ、2019年沖縄県高校野球ベストゲーム!【沖縄の高校野球】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
明石商vs興南【2019年 練習試合(交流試合)・春】
西日本短大附vs興南【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【愛媛】秋季県大会決勝!西条が5年ぶりの優勝を果たす!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る