プロ5年目を迎えるオリックス・吉田凌の現在地。鍵を握るのは「スライダーを活かすボール」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.14

プルペンで投球練習を行う吉田凌(オリックス)

 山本 由伸山岡 泰輔など、球界を代表する投手が並ぶオリックスのブルペン。その中で、彼らに負けじと熱のこもったピッチングをする右腕の姿があった。

 プロ5年目を迎える吉田 凌だ。
 昨年は一軍のマウンドを4試合経験し、4回3分の1を投げて4失点。課題は残ったが、登板数はプロ入り後最多をマークし、5年目の飛躍に向けて弾みをつけるシーズンとなった。

 「キャンプもここまでは怪我なくしっかりやれていますし、昨日も実践でそこそこの投球が出来ました。同級生も入ってきましたし、結果を残さないといけない年数になってきたので、しっかりやらないといけないなと感じます」

 高校2年の夏、神奈川大会決勝の向上戦で20奪三振を記録したことで一躍注目を浴びる存在となった吉田。その後、フォームを崩し苦しむ期間もあったが、翌年の第97回全国高校野球選手権大会では、中日ドラゴンズの小笠原慎之助らと共に全国優勝を経験。
 苦しくも、彩りに満ちた高校生活を過ごした。

 高校時代に吉田の大きな武器となったのは、縦に大きく割れるスライダーだが、プロ5年目を迎える現在でも軸となる球種はスライダーだ。「二軍ではある程度は通用するボール」と語る吉田だが、1軍ではやはりスライダーだけでは通用しないと痛感。
 このキャンプでは、その他の変化球の精度の向上と、基本となるストレートの威力向上を掲げてピッチングに取り組んでいる。

 「スライダーを活かすために、その他の球種を上げていきたいなと思いますし、真っ直ぐが良くないと変化球が活きません。真っ直ぐの両サイドのコントロールと、質を高める練習は意識してやっていますね」

 「自分は任されたところでしっかりやるだけ」と、投げるポジションへこだわりは見せないが、現在は主に中継ぎを任されている。吉田は、今シーズンの目標に「一軍で中継ぎとして30試合登板」を掲げて、5年目の飛躍を誓った。

 「そういう立場(中継ぎ)になってるので、一軍でしっかり投げてインパクトを残せるようにしたいですね。まずは一軍で、中継ぎとしてマウンドに立てるようにやっていきたいと思います」

 村西良太や富山 凌雅勝俣 翔貴など、同世代の選手も増えてきたが、2020年に吉田は存在感を見せることができるか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
ティー打撃から深いこだわりが。オリックスの主砲・吉田正尚の工夫を凝らした打撃練習
オリックスの外野陣の練習にマシンあり?佐竹学コーチに聞く、プロとアマチュア外野手の違い
ドラフト5位でも侮れない勝俣翔貴(オリックス)の潜在能力に注目

【関連記事】
2015年の東海大相模優勝メンバーから4選手が都市対抗野球に出場!! 【ニュース - 高校野球関連】
明石商・中森俊介が仮契約!即戦力度は近年のロッテの高校生投手ならばナンバーワン! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第12回 【12球団ドラフト指名予想】オリックスには何が足りない?小関氏がチーム事情を分析【プロ12球団ドラフト分析2020】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
東海大相模vs三浦学苑【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1100回 一流スラッガーへの道 オリックス・吉田正尚(敦賀気比出身)の打撃調整法 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
吉田 凌(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
傷を乾かさない湿潤治療とは
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る