プロ5年目を迎えるオリックス・吉田凌の現在地。鍵を握るのは「スライダーを活かすボール」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.14

プルペンで投球練習を行う吉田凌(オリックス)

 山本 由伸山岡 泰輔など、球界を代表する投手が並ぶオリックスのブルペン。その中で、彼らに負けじと熱のこもったピッチングをする右腕の姿があった。

 プロ5年目を迎える吉田 凌だ。
 昨年は一軍のマウンドを4試合経験し、4回3分の1を投げて4失点。課題は残ったが、登板数はプロ入り後最多をマークし、5年目の飛躍に向けて弾みをつけるシーズンとなった。

 「キャンプもここまでは怪我なくしっかりやれていますし、昨日も実践でそこそこの投球が出来ました。同級生も入ってきましたし、結果を残さないといけない年数になってきたので、しっかりやらないといけないなと感じます」

 高校2年の夏、神奈川大会決勝の向上戦で20奪三振を記録したことで一躍注目を浴びる存在となった吉田。その後、フォームを崩し苦しむ期間もあったが、翌年の第97回全国高校野球選手権大会では、中日ドラゴンズの小笠原慎之助らと共に全国優勝を経験。
 苦しくも、彩りに満ちた高校生活を過ごした。

 高校時代に吉田の大きな武器となったのは、縦に大きく割れるスライダーだが、プロ5年目を迎える現在でも軸となる球種はスライダーだ。「二軍ではある程度は通用するボール」と語る吉田だが、1軍ではやはりスライダーだけでは通用しないと痛感。
 このキャンプでは、その他の変化球の精度の向上と、基本となるストレートの威力向上を掲げてピッチングに取り組んでいる。

 「スライダーを活かすために、その他の球種を上げていきたいなと思いますし、真っ直ぐが良くないと変化球が活きません。真っ直ぐの両サイドのコントロールと、質を高める練習は意識してやっていますね」

 「自分は任されたところでしっかりやるだけ」と、投げるポジションへこだわりは見せないが、現在は主に中継ぎを任されている。吉田は、今シーズンの目標に「一軍で中継ぎとして30試合登板」を掲げて、5年目の飛躍を誓った。

 「そういう立場(中継ぎ)になってるので、一軍でしっかり投げてインパクトを残せるようにしたいですね。まずは一軍で、中継ぎとしてマウンドに立てるようにやっていきたいと思います」

 村西良太や富山 凌雅勝俣 翔貴など、同世代の選手も増えてきたが、2020年に吉田は存在感を見せることができるか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
ティー打撃から深いこだわりが。オリックスの主砲・吉田正尚の工夫を凝らした打撃練習
オリックスの外野陣の練習にマシンあり?佐竹学コーチに聞く、プロとアマチュア外野手の違い
ドラフト5位でも侮れない勝俣翔貴(オリックス)の潜在能力に注目

【関連記事】
井上、遠藤など昨年の阪神ドラフト指名の高校生5人がはつらつとした活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
サインが複雑!オリックスのドラ1の宮城大弥が感じた「プロ」と「高校」の違い 【ニュース - 高校野球関連】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
吉田 凌(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
PL戦士・中山悠輝、東海大相模の恐怖の2番打者として活躍した臼田哲也(ともに東京ガス)が勇退
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る