U-15日本代表選手の中から注目の4名をピックアップ それぞれの特徴と将来性は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.13

【選手の詳しいパフォーマンスを見たい方は動画を再生しよう!】

 2月上旬は、全国各地で私立高校の推薦入試が行われた。野球で実績を残して高校からのスカウトを受けた選手も、この期間に入学試験を受験して進学先を決定していく。中学野球を沸かせた選手たちは、有名校の推薦入試を受けていたことだろう。

 この回はこのタイミングで、U-15日本代表として戦った選手の中から独自に4名をピックアップして紹介していく。ピックアップしたのは、投手2名と野手2名。それでは早速見ていこう。

 まずは投手では、佐賀フィールドナインの西田稀士郎(きしろう)を紹介していく。
 非常に腕の振りがしなやかなサウスポーで、アジアチャレンジマッチでは2試合に登板し2イニングを無失点に抑える好投を見せた。
好調時と比べてフォームのバランスは崩していたようだが、投球自体に不安定さは無く牽制や投内連携も難なくこなした。投手としてのセンスも備わった投手だ。

 また安仁屋ヤングスピリッツの仲宗根大斗(はると)は、メンタル面が非常に強い右腕だ。
 大会では130キロ台前半の直球を軸に、2試合に登板して3回1/3を無失点に抑える好投を見せたが、中でも初戦の松山市代表戦は仲宗根の良さがすべて出た試合だった。
 2回途中からピンチの場面で登板して、見事相手の流れを断ち切った。インコースにもしっかりボールを投げ込んで、気持ちの強さを見せつけた。

 続いては打者を紹介していく。
 打者ではまず、安仁屋ヤングスピリッツの福原聖矢の名前を挙げたい。2年連続でのU-15日本代表選出となったが、前年も経験しているためか非常に落ち着いたプレーが印象的だった。
 打撃フォームは、反動をあまり使わずに小さい動きから始動していくため、目線のブレも少なくミート力が非常に高い。パワーでは海老根優大(京葉ボーイズ)が目立ったが、センスの面では福原が一番目立っていただろう。

 最後に紹介するのは、橿原ボーイズの酒井優夢(ゆうむ)だ。
 大会では9打数6安打7打点と、抜群の成績を残して最優秀選手賞を獲得。長打力だけでなく、ミート力を兼ね備えた技術の高い選手だ。酒井のスイングで一番良いポイントは、自分の間合いでしっかりとスイングが出来るところだ。まずは高校野球のレベルの投手に、どこまで対応していけるか注目だ。

 ここまで4名の選手を紹介してきたが、もちろん他にも能力の高い選手は多くいる。
 彼らが、来年度以降の高校野球を盛り上げてくれることに大きく期待したい。

(記事=栗崎 祐太朗)

関連記事
未来像は宮崎敏郎?U-15でMVP獲得の酒井優夢(橿原ボーイズ)の魅力は「技術×パワー」
侍ジャパンU-15代表・仲宗根 大斗が「鹿取アドバイス」で勝利呼び込む火消し!
元巨人・清水氏も絶賛の技術力と思考力 2年連続U-15日本代表の福原聖矢(安仁屋ヤングスピリッツ)の1年間の成長

【関連記事】
【動画】中学通算26本!U-15代表・海老根優大(京葉ボーイズ)が語る打撃進化の秘密 【ニュース - 高校野球関連】
2019年人気インタビュー記事、ザ・ベストテンを大発表! 【ニュース - コラム】
第26回 高校生はもちろん独立や大学、そして中学野球がランクイン!2019年人気インタビューベスト10!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第972回 2018年の侍ジャパンU-15日本代表の現在地 選抜甲子園には5名が出場の可能性【高校野球コラム】
第988回 【U-15アジアチャレンジマッチ総括】ほとんどが強豪校内定のU-15代表。「未来の甲子園のスター」は何人出るか?!【大会展望・総括コラム】
U-15日本代表vsフィリピン代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
U-15日本代表vsチャイニーズ・タイペイ代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
U-15日本代表vs松山市代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
東練馬シニアvs橿原ボーイズ【ジャイアンツカップ2019】
静岡裾野シニアvs京葉ボーイズ【ジャイアンツカップ2019】
第963回 松坂を育てた指揮官も絶賛!関東きっての韋駄天 今井海斗(東京城南ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第909回 責任感と自覚が芽生えた「負けず嫌いなムードメーカー」 角田蒼汰(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第18回 「心気体技」で全国屈指の強豪に!「肉食系」の男たちを目指す京葉ボーイズの取り組みに迫る!【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第866回 身体能力抜群の2年生スラッガー・海老根優大(京葉ボーイズ)U-15代表入りへ決意を語る 【2019年インタビュー】
第850回 卓越した守備力でU-15日本代表入り!齋藤広空(京葉ボーイズ)の「守備美学」に迫る! 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
県決勝と同じ組み合わせ!史上初、大分勢2校が決勝進出!【秋季九州大会・23日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る