1球目、1歩目にこだわる小園海斗。高卒2年目ながら自分のスタイルで勝負できる凄さ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.13

小園海斗(広島東洋)

 2年目に突入した広島東洋・小園 海斗報徳学園出身)は紅白戦でも活躍を見せている。10日、白組の6番ショートで出場した小園は2安打1盗塁と結果を残し、順調にアピールを続けている。

 小園の凄さは自分のスタイルを発揮できる能力の高さだ。小園のスタイルは初球から好球必打。

「1球目から振っていくことはとても大切にしていて、プロは甘い球はほとんど投げないですし、1球で仕留めないと思っています。この日に関しては初球から打てたと思いますし、また厳しいボールをカットして追い込んでから打てたので良かったと思います」

また朝山打撃コーチは小園についてこう評価している。

「いかに低めを我慢して、ボール球を我慢して、腰あたりの甘いボールを打てればホームランは増えると思います、積極性は良いですが、ボール球に手を出さず、打率を落とすことがなければ率は上がってくると思います。」

 選球眼。その点については小園自体も自覚をしている。また遊撃手のレギュラーをとるために「一歩目」のこだわる。そのこだわりは高校時代から変わりない。

「これはめちゃくちゃ大事だと思っています。それがアウト、セーフにかかわってくるので、打球に当たった瞬間に動くことにこだわっています」

 守備を見ても守備範囲の広さを発揮する。攻守ともに潜在能力の高さを発揮し、自分のスタイルで勝負できる高卒2年目の小園 海斗。同期はまず一軍に入るために、二軍戦から必死にアピールしなければ段階だが、小園は一歩先を行っている。

 

 いずれにしても今季1年のパフォーマンス、進化が楽しみな選手である。

(聞き手:久保聖也、構成:河嶋宗一)


関連記事
鮮烈だった「追い込まれてからのフルスイング」 恩師が振り返る広島・小園海斗(報徳学園出身)の高校時代の成長
丸、鈴木誠也の例から見る小園海斗の大幅昇給、FAタイミングを分析!これからも世代トップを突っ走る!
小園海斗の選手名鑑

【関連記事】
西川龍馬(敦賀気比出身)がオープン戦第1号!細身でも飛ばせる打撃技術はまさにお手本 【ニュース - 高校野球関連】
甲子園を沸かせたスラッガー・中村奨成(広島東洋)が語る打撃面の課題 【ニュース - 高校野球関連】
第72回 鮮烈だった「追い込まれてからのフルスイング」 恩師が振り返る広島・小園海斗(報徳学園出身)の高校時代の成長【恩師が語るヒーローの高校時代】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第21回 俳優・吉村卓也がドラフト会議2018で目玉になった選手を紹介!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第781回 世代トップを突っ走る小園の支えは「絶え間ない向上心」 小園海斗(報徳学園) 【2018年インタビュー】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs市立尼崎【兵庫県 2018年夏の大会 第100回選手権東兵庫大会】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
2019年甲子園のスピード王は奥川恭伸!夏の甲子園140キロ超え投手一覧
次の記事:
井上広大がプロ相手から初本塁打!ステップアップが順調すぎる!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る