野村克也氏の母校である峰山の近年の成績、主なOBは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.11

 11日、逝去した野村克也氏の母校は峰山峰山は京丹後市にある府立校。京丹後は京都から約110キロも離れており、京都駅から峰山駅まで特急を使っても約3時間もかかるという場所にある。そういうところから野村氏のような大スターが生まれたのはまさに夢がある。

 中継ぎ投手として活躍した岡本 真或(元東北楽天)、岡本の同期だった田中 敏昭(元横浜)もOBである。

 峰山は一度だけ甲子園に出場している。1999年春、京都勢としては平安とともに出場。京都北部初の甲子園出場として話題となり、エース・川原寛樹(立命館大卒業 現トレーナー)は140キロを超える速球を投げ込む大会屈指の左腕として注目された。惜しくも初戦で日南学園に1対3で惜敗したが、大きな印象を残した。

 その後、峰山は京都北部の実力校として君臨している。2013年秋ベスト8、2014年夏4回戦、2019年春夏でベスト8に進出している。昨秋は敗者復活準決勝戦で敗れ、府大会の二次戦に進めなかったが、今後も躍進に期待がかかる学校であることは間違いない。

(文=河嶋 宗一


関連記事
野村克也氏が背負った背番号「19」を引き継いだ甲斐拓也。2020年は高みを目指す重要な1年へ
知識と技術の引き出しを増やし、黒坂流で悲願の甲子園を目指す!昌平(埼玉)
中央学院「普遍性」と「再現性」で中央学院旋風を

【関連記事】
野村シダックス時代の正捕手として活躍した坂田精二郎監督(立正大)は大学日本一を経験。さらなる人材輩出に期待 【ニュース - 高校野球関連】
野村克也氏が背負った背番号「19」を引き継いだ甲斐拓也。2020年は高みを目指す重要な1年へ 【ニュース - 高校野球関連】
第946回 福知山成美や京都翔英、京都外大西などがノーシードと京都は大混戦の模様!【京都大会展望】【大会展望・総括コラム】
第851回 龍谷大平安と福知山成美の2校が選抜出場で活気溢れる春季京都大会を徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第426回 宮崎日大高等学校(宮崎)「支え」「責任」「覚悟」そして「底力」【後編】【野球部訪問】
第425回 宮崎日大高等学校(宮崎)恩師と「カープ野球」の教えを原点に【前編】【野球部訪問】
山城vs峰山【京都府 2014年夏の大会 第96回選手権京都大会】
西城陽vs峰山【京都府 2013年秋の大会 平成25年度秋季京都府高校野球大会二次戦】
龍谷大平安vs峰山【京都府 2013年夏の大会 第95回選手権京都大会】
峰山vs加悦谷【京都府 2013年春の大会 平成25年度春季京都府高等学校野球大会一次戦】
峰山vs洛北【京都府 2012年夏の大会 第94回選手権京都大会】
峰山 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
加藤学園、秋田中央など。早期敗退となった実力校たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る