松坂大輔(埼玉西武)がブルペンピッチング!松坂の意識高い投球から学べるもの

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.11

松坂大輔投手

 14年ぶりに埼玉西武に復帰した松坂 大輔。10日、ピッチング練習を行ったが、その練習内容は目を見張るものがあった。セットポジションからストレート、カットボール、カーブをコントロールよく投げ分ける。

 かつて常時150キロ中盤の速球を投げ込んだ松坂の姿はない。だが、中日時代に6勝をあげた2018年のピッチングは140キロ中盤の速球と切れ味鋭いカットボールを左打者の内角へ厳しく投げこむ投球はまさに見ごたえがあった。

 2018年は55.1イニング投げて、51奪三振とイニング同等の三振を奪っており、その投球術は円熟味が増している。

 昨年のチーム防御率はリーグ最下位の4.35。そのためには各投手のレベルアップが不可欠だが、松坂が戦力となり、そして松坂の投球から刺激を受けて、創意工夫を加える若手投手が多くなれば、盤石の投手陣へ近づくはずだ。


関連記事
松坂大輔が成し遂げた春夏連覇の凄さを再確認する
松坂大輔も取り組むサードノックってどんな練習?
奪三振率8.6に3試合完封!平成の怪物・松坂大輔は選抜でもやっぱり凄かった!

【関連記事】
松坂世代に藤川球児など大豊作!球界最年長となった阪神・福留孝介のドラフト同期は? 【ニュース - 高校野球関連】
松坂大輔、涌井秀章、藤平尚真など横浜高からプロ入りした豪腕たちを振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第27回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【投手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第17回 祝3万人突破!年始に見てきたい注目動画を一挙紹介!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
松坂 大輔(横浜) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
甲子園優勝投手、独立の星、剛速球右腕など!埼玉西武のシート打撃で登板した投手はバラエティ多彩!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る