16年ドラ1右腕・矢崎拓也が2回無失点の好投!菊池雄星と1か月 自主トレでつかんだものとは

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.10

広島東洋カープ・矢崎拓也

 広島東洋カープの速球派右腕・矢崎拓也は9日の紅白戦で2回無失点の好投を見せた。

 この春のキャンプから精力的にアピールを見せている。5日のシート打撃では三者連続三振を奪う快投。矢崎はシート打撃の登板で手ごたえを感じていた。
「今回は自分のスタイルを真っすぐでファールや空振りを取る。変化球は真っすぐに近づけていけるか。僕としてはそういったスタイルでやっていこうと思っているので、その中で相手を抑えられたのは良かった。真っすぐでもファール取れたので良かったですね」
 2016年ドラフト1位指名を受け、即戦力の期待をかけられながらもわずか7試合、1勝に終わり、2019年も5試合登板に終わった。それでも、秋季キャンプの取り組みから少しずつ手ごたえを感じていた。

 そこで自分を高めたい思いで、菊池 雄星(マリナーズ)との自主トレを決断する。
「僕と菊池さんの間に共通の知人がいまして、お願いをして、快く受けてもらいました」
1か月間、アリゾナの自主トレではラプソードを活用しながら、数値を確認しながら、練習を重ねた。

「数字でも自分の考えと一致したので道がはっきりしました」
矢崎は大学時代から投球フォーム、トレーニングについては深いこだわりを持っていた選手だ。現在の投球フォームでも数値は高い。今度はその精度の高いボールをいかに狙い通りに投げられるかが課題となった。

「今はフォームについてはあまり考えていないです。自分のボールをどう表現するのか、どこに真っすぐを投げるか、変化球を投げるかを考えています」

 オフの取り組みの成果を今後も継続できるか。苦しんだドラ1右腕の逆襲はこれからだ。


関連記事
加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」
ミレニアム世代の出世頭・小園海斗(広島東洋)は田中広輔の壁を超えることができるか?
鈴木誠也のスイングに見る、バッティングで大事なのは飛距離だけではない

【関連記事】
91年世代単独トップの安打数を記録する堂林翔太(中京大中京出身)はデビュー年以来の100安打、二桁本塁打を狙えるか 【ニュース - 高校野球関連】
堂林翔太が開幕から絶好調! 2009年のドラフトで指名された高卒組は? 【ニュース - 高校野球関連】
第5回 「投手を中心に高校生の指名を」スポーツライター・小関順二さんが広島東洋カープのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第592回 花巻東の伝統を守り、秋から磨いた強打で2年連続の聖地へ 花巻東(岩手)【野球部訪問】
第64回 野球が終わっても「腰が低いし笑顔が似合う」と言われてほしい 恩師が語る野村祐輔(広陵)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第78回 2019年から始める! キミにぴったりの野球ノートの取り組み方は?【高校野球コラム】
第657回 広島東洋カープ・新井貴浩(広島工出身)選手「カープの大ベテラン語るスパイク話」 【2018年インタビュー】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
第551回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・コミュニケーション編」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
第546回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・リード編」【Vol.2】 【2017年インタビュー】
第540回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・キャッチング編」【Vol.1】 【2017年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
菊池 雄星(花巻東) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
【動画】キャッチボールを3段階に分けて考える?土肥義弘氏(春日部共栄出身)が解説する、キャッチボールのポイント
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る