BC合同トライアウト 合格発表の流れまで密着!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.09

福島レッドホープスに指名された牛丸京輔 撮影:勝田聡

 2月8日、ロッテ浦和球場でルートインBCリーグ(以下、BCリーグ)の合同トライアウトが行われた。昨年は極寒の中で行われたが、今年は晴天。選手たちにとっては絶好のコンディションだった。

午前9時半から50メートル走、60メートル送球といった基礎的な能力を測るテストが始まり、その後、実技(守備・打撃・投球)に移っていった。

11月のトライアウトでは150キロを投げ込んだ杉浦健二郎(現・神奈川)という逸材がいた。今回はそこまでのインパクトを残した選手はない。しかし、それでも140キロを記録する選手、コンスタントに130キロ台後半を投げ込んでいる選手も見受けられた。

 守備テストは各ポジションごとに行われた。外野手の返球、内野手のゴロさばきに首脳陣が目を光らせる。打撃テストでは打撃投手の球を10ストライク打つことができる。NPBの打撃練習のように快音はなかなか響かない。数球連続でいい当たりを見せる選手は稀だった。

また、緊張からなのか、思うように力を発揮できていない選手もちらほら。トライアウトという一発勝負で力を発揮することも、実力の内といったところだろうか。

12時過ぎには全員の一次試験が終わり、二次試験へ進む選手が発表され、昼食後に最終試験である実戦テストへと移っていく。

 実戦テストはカウント1ボール1ストライクから始まるシート打撃。投手は打者3人から4人、野手は3打席程度と出番は限られている。ここでも目覚ましい活躍を見せる選手はいない。しかし時折、光るプレーがあったのは事実。堅実なプレーが目に留まる可能性も十分にあるだろう。

 全員の実戦が終わり、各球団の首脳陣たちは別室でドラフト会議へ。その間、選手たちは一塁側の観客席で運命の時を待っていた。

 数十分後にBCリーグの村山哲二代表がドラフトの結果を読み上げる。今回、指名されたのは下記の5名だった。正式に契約がまとまれば、およそ1ヶ月後から各球団のキャンプに合流することになるだろう。新しい扉を開けた5名の選手たちが、どのようなプレーを見せてくれるだろうか。今から楽しみだ。

【2月8日・ドラフト指名選手】
・福島レッドホープス
 牛丸京輔(投手)
・神奈川フューチャードリームス
 小林栄登(投手)
・信濃グランセローズ
 小原 大河(内野手)
・福井ワイルドラプターズ
 小川 亮太(捕手)
・オセアン滋賀ブラックス
 浦木直大(外野手)

(文=勝田 聡)


関連記事
独立リーグ入りを決めた豪腕・落合秀市(和歌山東)の野球人生を大きく変えた明徳義塾戦
NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!
香川オリーブガイナーズ合同自主トレーニング開始 「松中信彦塾」ここに開校!

【関連記事】
謙虚で義理堅い!甲子園で本塁打を放ったスラッガー・小原大河が信濃から指名 【ニュース - 高校野球関連】
ルートインBCリーグ・ドラフト会議開催 話題の草野球150キロ右腕は新球団・神奈川へ!センバツのマウンド踏んだ井上 真幸も合格! 【ニュース - 高校野球関連】
第43回 元MLBプレーヤー岩村 明憲さんが語る、令和に移っても「忘れてはいけないこと」【四国発】
第359回 【新潟抽選会後 展望】群雄割拠の新潟!日本文理などノーシードの強豪校の戦いに要注目!【大会展望・総括コラム】
第304回 【新潟展望】実力伯仲の新潟を制するのは?話題校、注目投手を一挙に紹介!【大会展望・総括コラム】
第18回 大塚 晶文コーチが語る! 「なぜ投手に強い背筋が必要なのか」【技術ノート トレーニング編】
第232回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【後編】 「普段の細かい作業から1つの作品を作るのがバッテリーの醍醐味」 【2014年インタビュー】
第231回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【前編】 「プロ、アマチュアで出会った捕手の存在」 【2014年インタビュー】
第174回 信濃グランセローズ 大塚 晶文監督 【2014年インタビュー】
第30回 信濃グランセローズ 竜太郎 選手兼コーチ 【2009年インタビュー】
小川 亮太(長岡工) 【選手名鑑】
小原 大河(盛岡大附) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
前橋育英の元主砲、独立リーグ日本一の俊足野手などBC群馬の合格者に注目!
次の記事:
静岡春季地区予選の組み合わせが決定!超高校級左腕・高田 琢登擁する静岡商、東海大会ベスト4・藤枝明誠の初戦は?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る