田中将大世代である「昭和63年会」が発足 高校、大学指導者などが親睦を深める

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.09

「昭和63年会」の参加者たち

 2月8日、神奈川県横浜市内で昭和63年(1988年)度生まれの野球関係者が集う「昭和63年会」の第1回が行われた。参加したのは、関東の中学、高校、大学野球の指導者や社会人野球のスタッフなど計17名。

 大阪桐蔭の西谷浩一監督や東海大相模の門馬敬治監督など、昭和44年度生まれが集う「昭和44年会」を筆頭に、同世代の指導者の集まりは多数存在しているが、そんな先輩指導者たちに刺激される形で今回「昭和63年会」も発足した。

 発起人となったのは、関東のリトルシニア出身の指導者たち。高校野球や大学野球のつながりを頼りに同期の輪を広げていき、「LINEグループ」は66名が参加する規模になった。
 合宿や修学旅行で予定が合わない者も多かったが、会では昔話に花を咲かせたり、情報交換を行うなど参加した指導者たちは有意義な時間を過ごした。

 発起人の一人である大森学園コーチの石黒隼さん(東海大菅生出身)は、「今後は、指導者だけではなく、昭和63年度生まれの野球に携わる人たちの交流の場にしたいと思っています。この中から、名将と呼ばれるような指導者も出てきて欲しいですね」と展望を語る。

 昭和63年度生まれと言えば、田中 将大(ニューヨーク・ヤンキース)や前田 健太(ミネソタ・ツインズ)、坂本 勇人(読売ジャイアンツ)など、現在のプロ野球界を引っ張る人材が多く揃う世代だ。参加者の中には、大学時代に日本代表に選ばれた西嶋一記さん(横浜出身・現明治大コーチ)の姿もあり、同世代との交流に充実した表情を見せた。

 「ここまで野球を続けていると、誰かしらに繋がるので本当に野球というスポーツに感謝だなと思います。この輪をこれからもっと広げて、野球界にも何かの形で貢献していきたいなと思います」

 野球を引っ張る「昭和63年世代」から、これからどんな人材が出てくるか楽しみだ。

(取材=栗崎 祐太朗)


関連記事
斎藤佑樹と田中将大が戦った、それぞれの春のセンバツ・甲子園を振り返る
「昭和63年世代」は駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすか注目されていた年
2006年世代の傑物たち 田中将大、斎藤佑樹と共に戦った高校日本代表は?

【関連記事】
2試合連続完投勝利&マルチヒットの大瀬良大地(長崎日大出身)は大エースへの道に突き進む 【ニュース - 高校野球関連】
最速1.85秒の強肩!高校野球界の坂本勇人(唐津商)が歩んだ3年間とは? 【ニュース - インタビュー】
第1174回 もう1人の坂本勇人(唐津商)はスローイングタイム1.85秒を誇る超高校級捕手。強肩強打を支える秘密とは 【2020年インタビュー】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第87回 埼玉西武ライオンズ・山川 穂高2年連続40号の偉業! 過去の達成者と意外な候補【高校野球コラム】
第12回 世界トップレベルの剛腕・佐々木朗希(大船渡)の投球は誰もがワクワクするロマンが詰まっている【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第993回 高校代表合宿に参加して感じたトップ選手との差。高卒プロへ向けての課題  紅林弘太郎(駿河総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第202回 【BIG5特集】西純矢(創志学園) 厳しいマークを乗り越え、昨年より進化したピッチングを【ドラフト特集コラム】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
東海大福岡vs唐津商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
南筑vs東海大福岡【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第911回 無力を悟り試行錯誤に明け暮れた一年間 下村海翔(九州国際大付) 【2019年インタビュー】
第848回 日米野球MLB代表のクリス・テイラー選手(ドジャース)至高のパワーとスピードの根源に迫る! 【2018年インタビュー】
坂本 勇人(唐津商) 【選手名鑑】
坂本 勇人(光星学院) 【選手名鑑】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
甲子園優勝投手、独立の星、剛速球右腕など!埼玉西武のシート打撃で登板した投手はバラエティ多彩!
次の記事:
前橋育英の元主砲、独立リーグ日本一の俊足野手などBC群馬の合格者に注目!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る