今年の宮崎大会、大分大会のスケジュールが発表 秋季九州大会優勝の明豊は関西遠征へ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.08

秋季九州大会優勝の明豊は奈良、兵庫の強豪校と対戦予定だ

宮崎県高等学校野球連盟と大分県高等学校野球連盟の年間行事予定がHPで公開されました。
http://miyazaki-hbf.jp/kouyaren/2020schedule.pdf (宮崎県高野連HP)
http://www.oita-kouyaren.com/data/schedule2020.pdf (大分県高野連HP)



 夏の宮崎大会は7月11日に開幕し、28日に決勝の予定。大分大会は7月4日に開会式が行われ、試合は7日にスタート。決勝は25日の予定です。

 宮崎の招待野球は5月9日と10日。大分は秋季大会上位4校が県主催の強化遠征を行います。昨秋優勝の明豊は、今年は関西遠征を選択。奈良、兵庫の強豪校と対戦する予定です。
 独自で「県選手権」が行われているのが両県の文化です。春は夏の前哨戦として、秋(大分)は新人戦的な意味合いを持ちます。
 今シーズンの宮崎と大分の高校野球にも注目していきましょう。

【関連記事】
野口海音(履正社出身)など甲子園経験の高卒ルーキー3名が都市対抗デビュー! 【ニュース - 高校野球関連】
帝京初の1000安打達成者・中村晃が大活躍!ポストシーズンは3本塁打8打点と圧巻の打棒! 【ニュース - 高校野球関連】
大崎vs明豊【2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会】
明豊vs県立岐阜商【2020年甲子園高校野球交流試合】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第114回 明豊・川崎絢平監督が3年生へ想いを語る。「教育者として生徒の心が折れたままで卒業をさせない」【高校野球コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
明豊vs創成館【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
第916回 大分のライバルが恐れる日高翔太(大分工) 自慢のストレートの凄さが数値でも明らかに!【後編】 【2019年インタビュー】
第923回 高い制球力の秘密は「手首の使い方」!実戦派左腕・若杉 晟汰(明豊)の進化の軌跡 【2019年インタビュー】
第924回 センバツで開花せよ!アベレージヒッター&ユーティリティプレーヤー・野邊 優汰(明豊)! 【2019年インタビュー】
富島 【高校別データ】
宮崎日大 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
奥川恭伸(星稜出身)の今季ラスト登板は6回無失点7奪三振!2年目に弾みをつける!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る