工藤監督が古谷優人にマンツーマン指導 プロ4年目の開花なるか?!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.08

江陵時代の古谷優人(ソフトバンク)

 日本一4連覇を目指すソフトバンクは例年通り、一軍、二軍とも宮崎県宮崎市で春季キャンプを行なっている。注目を集めているのはウラディミール・バレンティやドラフト1位の佐藤直樹といった新加入の選手たちだ。

 とくにバレンティンはランチ特打でも大きな柵越えを連発しており、さすがの貫禄。最後の一球も柵越えで締めくくると、松本輝打撃投手とグータッチ。感謝の気持ちを伝えていた。

 グラウンドでは快音が響く中、工藤公康監督はブルペンである投手につきっきりで指導を行っていた。2016年ドラフト2位の左腕・古谷 優人である。

 工藤監督は古谷の投球を背中側のすぐ後ろで見守りながら、身振り手振りを交えてマンツーマンでの指導。投球する際には持っていたバットを右肩付近に近づけ、体が開かないよう意識付けをさせていた。

 投球練習が終わったあとも踏み込みの歩幅を確認し、さらなるアドバイスを送っていたことからも工藤監督の期待のほどがうかがいしれる。その間、古谷は帽子を取って話に耳を傾けてい神妙な表情。アドバイスが終わると、古谷はトンボかけでマウンドを慣らしブルペンを後にしている。

 古谷は血行障害に悩まされていたこともあり、昨シーズンまでの3年間で一軍登板はなく、結果を残すことができていない。一方の二軍では1年目から11試合、29試合、17試合に登板。特に昨シーズンは35.2回を投げ防御率2.52と芽がでつつある存在だ。高卒4年目となる今シーズンは開幕一軍、そして初登板を果たしたいところ。

 ソフトバンクの投手陣で左腕はベテランの和田毅、大竹 耕太郎、新外国人のマット・ムーアが先発候補。中継ぎでは嘉弥真新也、田浦 文丸川原 弘之、リバン・モイネロらの名前が挙がる。現時点で古谷の起用法は明らかではないものの、一軍で起用されるとなれば中継ぎからとなるだろう。

 チームでは千賀 滉大高橋 礼らが、中継ぎで結果を残してから先発に転向し、ローテーションを支える存在にまで成長した。昨シーズン中継ぎでブレイクした高橋 純平も、今シーズンは先発転向を直訴している。

 中継ぎで結果を残し、先発ローテーション入りを目指す王道パターンに古谷も乗ることはできるだろうか。キャンプ中盤から始まる実戦練習で、工藤監督からのアドバイスを生かし結果に繋げることに期待したい。

<2019年シーズン成績>
古谷 優人(ソフトバンク)
[一軍]登板なし
[二軍]17試合/2勝1敗/35.2回/奪三振28/与四球29/防御率2.52

(記事=勝田 聡)

【関連記事】
16年ドラフトコンビが躍動!九鬼隆平と古谷優人の同級生バッテリーも実現! 【ニュース - 高校野球関連】
津森宥紀(和歌山東出身)がプロ初勝利!2年続けて福岡ソフトバンクの投手が新人投手勝ち星一番乗り! 【ニュース - 高校野球関連】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第76回 生かす殺すも自分次第。福岡ソフトバンクが誇る神足・周東佑京(東農大二出身)を変えた大学4年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第94回 多摩大聖ヶ丘時代に通算38発を放ったソフトバンク・福田秀平がFA宣言【高校野球コラム】
第8回 「育成力を武器に将来の主軸候補を」スポーツライター・小関順二さんがソフトバンクのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第92回 カーター・スチュワート・ジュニア(福岡ソフトバンクホークス/投手)無限大の将来性を持ってフロリダからやってきた「若鷹右腕」 【高校野球コラム】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
大竹 耕太郎(済々黌) 【選手名鑑】
田浦 文丸(秀岳館) 【選手名鑑】
古谷 優人(江陵) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る