期待の和製大砲・リチャード(ソフトバンク)、支配下登録・そして三塁レギュラーへ向け正念場!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.07

沖縄尚学時代のリチャード

  ソフトバンクはこれまで多くの育成契約選手を支配下登録し、戦力と変えてきた。千賀 滉大甲斐 拓也牧原 大成周東 佑京らがそうだ。その錚々たる顔ぶれに、ひとり新顔が加わるかもしれない。2017年育成ドラフト3位で入団した砂川 リチャードである。このオフシーズンに登録名をリチャードへ変更しており、心機一転、支配下登録を目指している。

 高卒2年目となった昨シーズンは二軍で8試合の出場にとどまり、打率.077と結果を残すことができず。しかし、三軍では打率.279と一定の成績を残し、アジアウインターリーグに派遣されている。そこでは打率.299、3本塁打、17打点と結果を出し、春季キャンプでは一軍に相当するA組スタートを勝ち取った。

 キャンプ中の動きを見ると、特打では大きなあたりを連発。窮屈そうにスイングした打球でも外野まで飛ばしており、やはりパワーはある。引張りだけでなく、センターから逆方向へも強い打球が飛んでいた。まさに「当たれば飛ぶ」とはこういうことなのだろう。

 練習を見る限り、打撃投手やマシンの球であればなにも心配はいらない。実戦に入ってから生きた投手の球、とくに変化球に対し、どのように対応するかがポイントとなりそうだ。

 一方、シートノックではレギュラーの松田宣浩とともに三塁に入った。松田と比べると動きは固い。また、送球にばらつきがあり悪送球というほどではないが、2球連続でのミスも見られた。 ソフトバンクはアルフレド・デスパイネ、ユリスベル・グラシアル、ウラディミール・バレンティンと指名打者候補は多く、リチャードも一軍で試合に出場するためには守備につかねばならない。最低限の動きは必要となってくる。

 キャンプ序盤の時点でB組へ降格となっていないことから、今後の実戦が支配下登録へ向けた最終テストという形になるのだろう。

 ソフトバンクの三塁は長らく松田がレギュラーとして君臨してきた。そんな松田も今年の5月には37歳となる。そろそろ後継者を本格的に育てなければならない時期だ。その候補としては増田珠や野村大樹、そして周東佑京といった名前が挙がっていた。少し気は早いかもしれないが、リチャードも支配下登録を勝ち取ることができれば、その争いに加わってくるだろう。

 支配下登録だけでなく、次代の三塁のレギュラーへ向けこの春季キャンプが正念場だ。

(文=勝田 聡)


関連記事
オリックス・バファローズ平井 正史一軍投手コーチ 四国高校野球指導者たちに『山本 由伸育成メソッド』を伝授
球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】
二木、種市の道に続け。一軍キャンプに抜擢された古谷拓郎と土居豪人はロッテ伝統の高卒下位指名投手の大出世はなるか?

【関連記事】
柳田悠岐が1988年世代3人目の1000安打達成!大卒では秋山翔吾以来の快挙 【ニュース - 高校野球関連】
今宮健太(明豊出身)が通算300犠打を達成!達成者7名の出身校を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集コラム】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第27回 【ドラフト1位特集】 高橋 純平投手の高校3年間の軌跡 (年表&123枚のフォトギャラリー付)【ドラフト特集コラム】
第293回 福岡ソフトバンクホークス 中村 晃選手【後編】「量をやりながら、質も求める」 【2015年インタビュー】
第292回 福岡ソフトバンクホークス 中村 晃選手【前編】「『首位打者・最高出塁率』を目指す『深み』の深層」 【2015年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
11人全員が移籍or引退 ダルビッシュ有、涌井秀章ら86年世代ドラ1の現在地
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る