香川オリーブガイナーズ合同自主トレーニング開始 「松中信彦塾」ここに開校!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.05

松中信彦GM兼総監督

 2月3日(月)四国アイランドリーグplus所属の香川オリーブガイナーズは実質的なキャンプインとなる「合同自主トレーニング」を香川県高松市の香川県営第二球場で開始。昨年10月・監督としての指揮を伴ったゼネラルマネージャー(以下GM)兼総監督へ2020シーズンから就任することが発表されていた元・福岡ソフトバンクホークスの松中 信彦氏も初の全体選手指導を行った。

 「5年ぶりの現場復帰でワクワクしている」平成唯一の三冠王(2004年)が選手たちに課した最初のメニューは古巣・福岡ソフトバンクホークスのキャンプメニューでもおなじみになってる「12分間走」。

「実際にプロの選手がどのような練習を選手たちに知ってもらうため、昨年末から選手たちには告げていた」中、最もチームの根幹におこうとしている「準備の大切さ」が如実に表れるメニューに、この日は「個人的にはプロへのラストチャンスだと思っている」新主将・白方 克弥松山商<愛媛>卒・リーグ6年目)をはじめとする32名(うち新加入選手17名・新人2選手は大学の都合により欠席)が参加した選手たちは、肩で大きく息をしながら食らいついていった。

 その半面、練習中には2006年ワールド・ベースボール・クラシックを制するなど世界の野球を知る松中GM兼総監督ならではの細やかな心遣いも随所に。

 昨年までの8年間、阪神タイガースで一軍57試合登板・2勝4敗4ホールドの実績を残している歳内 宏明聖光学院<福島>卒)がキャッチボールをはじめると「若い選手たちに指導しながら開幕に向けて調整してくれればいい。無理だけはするなよ」とそっと近づき声かけし、投手陣ブルペンに入ると「打者目線から見て、このボールから入れば嫌だと思える」変化球の習得をアドバイス。

 また「お客さんが楽しんでもらえる打ち勝つ野球をしたい」スタイルの主役となるべき野手陣に対しては、まずはリードオフの方法など「ホークスが強くなっていった」野球の過程を伝授した上で、「強く振るために必要だし、身体を強くするために必要な」ロングティーを懇切丁寧に指導。

 ここでは松中GM兼総監督は、時には安定した一本足から美しく正しい軌道でのスイングを実演するなど「見本をみせれば選手たちも反応してくれる」松中指導法の一端も披露した。

 かくして全メニュー約4時間に渡り開校となった「松中信彦野球塾」。練習後、明徳義塾(高知)時代の3年夏には瀬戸内(広島)時代の山岡 泰輔(オリックス・バファローズ)から本塁打を放った宋 皞均(副キャプテン・外野手・日本大卒3年目)も
 「ロングティーでは事前に『スイングが真面目すぎるからもっと勝ち上げて荒い感じでもいい』とアドバイスをもらっていて、ずっと準備を進めていたら『このままでいい』といってもらった」と笑顔を見せるなど、選手たちも新たな刺激を身体いっぱいに受け入れていた。

 なお今後、香川オリーブガイナーズは2月中に香川県内で練習と紅白戦を積み、3月からは練習試合で戦いの場での「準備」を整える予定。

 そして松中 信彦GM兼総監督が指揮を執る四国アイランドリーグplus2020年シーズンの開幕戦は3月28日(土)、徳島県徳島市のJAバンク徳島スタジアム(18時開始)での徳島インディゴソックスvs愛媛マンダリンパイレーツと同時開幕となる香川県高松市のレクザムスタジアム(18時開始)での高知ファイティングドッグス戦。

 ここで香川オリーブガイナーズ「松中信彦塾」塾生たちは、チームが絶対目標として掲げた2018年前期優勝→総合優勝を超える2007・2010年に続く「リーグ完全優勝」と、昨年は畝 章真投手が広島東洋カープ育成3位指名を受けた実績を超える「NPBへ」の成長曲線を描き続けていく。

(文=寺下 友徳)


関連記事
愛媛マンダリンパイレーツ チームOBの縁をたどり狙うは「5年ぶり独立リーグ日本一」と「9年ぶりNPBドラフト指名」
徳島インディゴソックス「魂のセットアッパー」吉田 篤史氏が新監督就任!
~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!

【関連記事】
西純矢(創志学園出身)、歳内宏明(聖光学院出身)ら阪神のドラフトで高校生が半数以上を占めた年の指名選手は? 【ニュース - 高校野球関連】
【動画】勝負の3年目へ。独立日本一を知る若き右腕・伊藤翔(横芝敬愛出身)は西武投手陣を救えるか 【ニュース - 高校野球関連】
第77回 千葉ロッテ・鳥谷敬(聖望学園出身)の恩師が語る。鳥谷が超一流へ到達できた理由【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第1059回 上間永遠投手(柳ヶ浦-徳島インディゴソックス) 最短で一軍の舞台に上がるために!独立屈指の若手投手が歩んできた野球道 【2019年インタビュー】
第1040回 理論派のアスリート型キャッチャー・佐藤都志也(東洋大学)。1.8秒台の猛肩のコツは「キャッチング」【後編】 【2019年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
歳内 宏明(聖光学院) 【選手名鑑】
白方 克弥(松山商) 【選手名鑑】
宋 皞均(明徳義塾) 【選手名鑑】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
聖光学院 【高校別データ】
瀬戸内 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
決勝戦は聖カタリナvs大手前高松のカードに!本日の試合結果をトーナメント表でチェック【春季四国大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る