香川オリーブガイナーズ合同自主トレーニング開始 「松中信彦塾」ここに開校!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.05

松中信彦GM兼総監督

 2月3日(月)四国アイランドリーグplus所属の香川オリーブガイナーズは実質的なキャンプインとなる「合同自主トレーニング」を香川県高松市の香川県営第二球場で開始。昨年10月・監督としての指揮を伴ったゼネラルマネージャー(以下GM)兼総監督へ2020シーズンから就任することが発表されていた元・福岡ソフトバンクホークスの松中 信彦氏も初の全体選手指導を行った。

 「5年ぶりの現場復帰でワクワクしている」平成唯一の三冠王(2004年)が選手たちに課した最初のメニューは古巣・福岡ソフトバンクホークスのキャンプメニューでもおなじみになってる「12分間走」。

「実際にプロの選手がどのような練習を選手たちに知ってもらうため、昨年末から選手たちには告げていた」中、最もチームの根幹におこうとしている「準備の大切さ」が如実に表れるメニューに、この日は「個人的にはプロへのラストチャンスだと思っている」新主将・白方 克弥松山商<愛媛>卒・リーグ6年目)をはじめとする32名(うち新加入選手17名・新人2選手は大学の都合により欠席)が参加した選手たちは、肩で大きく息をしながら食らいついていった。

 その半面、練習中には2006年ワールド・ベースボール・クラシックを制するなど世界の野球を知る松中GM兼総監督ならではの細やかな心遣いも随所に。

 昨年までの8年間、阪神タイガースで一軍57試合登板・2勝4敗4ホールドの実績を残している歳内 宏明聖光学院<福島>卒)がキャッチボールをはじめると「若い選手たちに指導しながら開幕に向けて調整してくれればいい。無理だけはするなよ」とそっと近づき声かけし、投手陣ブルペンに入ると「打者目線から見て、このボールから入れば嫌だと思える」変化球の習得をアドバイス。

 また「お客さんが楽しんでもらえる打ち勝つ野球をしたい」スタイルの主役となるべき野手陣に対しては、まずはリードオフの方法など「ホークスが強くなっていった」野球の過程を伝授した上で、「強く振るために必要だし、身体を強くするために必要な」ロングティーを懇切丁寧に指導。

 ここでは松中GM兼総監督は、時には安定した一本足から美しく正しい軌道でのスイングを実演するなど「見本をみせれば選手たちも反応してくれる」松中指導法の一端も披露した。

 かくして全メニュー約4時間に渡り開校となった「松中信彦野球塾」。練習後、明徳義塾(高知)時代の3年夏には瀬戸内(広島)時代の山岡 泰輔(オリックス・バファローズ)から本塁打を放った宋 皞均(副キャプテン・外野手・日本大卒3年目)も
 「ロングティーでは事前に『スイングが真面目すぎるからもっと勝ち上げて荒い感じでもいい』とアドバイスをもらっていて、ずっと準備を進めていたら『このままでいい』といってもらった」と笑顔を見せるなど、選手たちも新たな刺激を身体いっぱいに受け入れていた。

 なお今後、香川オリーブガイナーズは2月中に香川県内で練習と紅白戦を積み、3月からは練習試合で戦いの場での「準備」を整える予定。

 そして松中 信彦GM兼総監督が指揮を執る四国アイランドリーグplus2020年シーズンの開幕戦は3月28日(土)、徳島県徳島市のJAバンク徳島スタジアム(18時開始)での徳島インディゴソックスvs愛媛マンダリンパイレーツと同時開幕となる香川県高松市のレクザムスタジアム(18時開始)での高知ファイティングドッグス戦。

 ここで香川オリーブガイナーズ「松中信彦塾」塾生たちは、チームが絶対目標として掲げた2018年前期優勝→総合優勝を超える2007・2010年に続く「リーグ完全優勝」と、昨年は畝 章真投手が広島東洋カープ育成3位指名を受けた実績を超える「NPBへ」の成長曲線を描き続けていく。

(文=寺下 友徳)


関連記事
愛媛マンダリンパイレーツ チームOBの縁をたどり狙うは「5年ぶり独立リーグ日本一」と「9年ぶりNPBドラフト指名」
徳島インディゴソックス「魂のセットアッパー」吉田 篤史氏が新監督就任!
~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!

【関連記事】
明徳義塾&尽誠学園・甲子園交流試合での全力を誓う! 【ニュース - 高校野球関連】
勢いが止まらない栗原陵矢、岡本和真!1軍デビューした岸潤一郎ら2014年U18日本代表の現在は? 【ニュース - 高校野球関連】
松山商vs松山東【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1174回 オリックス・山岡泰輔(瀬戸内出身)が語るタメになる投球理論vol2「自分の特性を活かす変化球理論と力を発揮できるメンタルコントロール」 【2020年インタビュー】
第1174回 オリックス・山岡泰輔が語るタメになる投球理論vol1 「トレーニングの意識、取り組みが投球フォームにつながる」 【2020年インタビュー】
第15回 夏13連覇中!福島の強豪・聖光学院の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第2回 目標は消えても仲間は消えない。夏将軍・松山商が今治西を率いてきた大野 康哉監督の下で再始動【愛媛の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
黒田博樹 世界を制する投球術
歳内 宏明(聖光学院) 【選手名鑑】
白方 克弥(松山商) 【選手名鑑】
宋 皞均(明徳義塾) 【選手名鑑】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
聖光学院 【高校別データ】
瀬戸内 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
白鷗大足利が初優勝!作新学院に完封勝利!【春季栃木県大会・4日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る