前田健太はツインズへ移籍決定!投打で活躍した2006年センバツを振り返る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.06

ツインズへの移籍が決定した前田健太 (写真は共同通信提供)

 2月5日、前田 健太投手のミネソタ・ツインズへの移籍が決定した。今回はそんな前田投手が大活躍を見せた2006年春の選抜での活躍を振り返っていきたい。

 2006年春の選抜に出場したPL学園の初戦の対戦相手は21世紀枠で出場を果たした栃木の真岡工だった。この試合で前田投手の投手としての底力が見られた。9回を完投し、被安打4、四死球1、奪三振16と圧巻の投球内容。最終回に1点を取られるも、自責点0で完投勝利した。打者としても2つの死球に1安打で3度の出塁。チームの9得点に大きく貢献した。

 続く2回戦では愛知啓成と対戦。この試合は愛知啓成エース水野 貴義との死闘の投げ合いだった。8回までで両チーム無得点の文字通りの投手戦。水野投手は9回で被安打5、四死球5、奪三振7。前田投手は9回で被安打5、四死球1、奪三振9。この2人の壮絶な投げ合いにピリオドが打たれたのは9回。先攻だったPL学園が四球と犠打の後、7番の前田の恋女房仲谷 龍二が相棒を助ける一打をセンターに放ち、均衡を破ると、この1点を前田投手が守り抜き、完封勝利で2回戦突破を果たした。

 準々決勝では秋田商と対戦。この試合でも前田投手の好投が光る。最終回こそ3連打で1点を奪われるが、9回で被安打8、奪三振9、失点1で完投。この試合で驚くべきな点は無四死球で完投したことだ。9回投げきって四死球を出さなかったことがリズムを掴み、また無駄な走者を出さなかったことが、高校生投手としてなかなかできることではない。またこの試合では3打数2安打で打者としても4番の役割を果たした。

 ここまでの前田投手は3試合で27回を投げ、2失点、自責点1で防御率0.33と驚くべき失点率の低さだ。また27回で被安打17、奪三振34、四死球2と、イニングに対して被安打と四死球は圧倒的に少なく、奪三振は圧倒的に多い。高校生投手として圧巻の投球内容だ。

 PL学園は準決勝で長崎清峰高校と対戦。この試合でも前田投手は4番投手として先発するも、清峰打線に掴まってしまう。2回に先制点を奪われると、5回には3失点、7回には2失点し、合計6失点で途中降板。ここまでの試合のような高い奪三振能力を発揮できず、2奪三振。被安打も11されるなど、ここまでのような投球はできなかった。打者前田は3打数で1安打するも、PL学園は合計2安打で得点を奪うことができず、完封負けを喫してしまう。

 ただこの大会で見られた前田投手の潜在能力は計り知れないものがあった。この大会の投球内容は33回2/3で被安打28、奪三振36、四死球2、失点8、自責点7だった。最後の試合で6失点したものの、防御率は1.87と好成績。そして特筆すべきなのが与四死球の少なさだ。33回をなげてわずか2四球。K/BBに表すと、18.00。異次元のような成績だった。

 昨季ア・リーグ中地区を制し、先発陣の強化が課題のツインズに来季から移籍するが、ワールドシリーズ制覇に向け、さらなる活躍に期待したい。


関連記事
【インタビュー】広島東洋カープ 前田 健太 選手(前編)
桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった
日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い

【関連記事】
秋田、金足農など公立校王国・秋田を率いる伝統公立校。第1回大会と第100回大会で決勝進出 【ニュース - 高校野球関連】
松坂大輔、涌井秀章、藤平尚真など横浜高からプロ入りした豪腕たちを振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
東邦vs愛知啓成【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会】
秋田商vs羽黒【2017年 練習試合(交流試合)・夏】
東大阪大柏原vsPL学園【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
愛知産大三河vs愛知啓成【愛知県 2016年春の大会 春季愛知県大会】
東海大相模vs秋田商【2015年 第70回国民体育大会 紀の国わかやま国体2015】
愛知啓成 【高校別データ】
秋田商 【高校別データ】
清峰 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
真岡工 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
福岡セミナー開催決定!~殖栗正登トレーナー×西村典子トレーナーによる投手育成セミナー~
次の記事:
埼玉西武ドラフト7位・上間永遠が独立リーグ最短1年でプロ入りを果たしたワケ
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る