長岡秀樹、武岡龍世のヤクルトの高卒ショートのつばぜり合いに注目

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.04

武岡龍世(八戸学院光星出身)、長岡秀樹(八千代松陰出身)

 全国各地で行われているプロ野球の春季キャンプ。各種メディアの報道を見ると、日本代表の主力選手、チームの顔、新外国人選手や期待の新人たちの報道が多い。

 その新人の話題でもドラフト1位の選手がほとんど。それ以外の選手はまだまだ知名度も低く、大きく取り上げられることはあまりない。それが二軍ともなればなおさらである。

 宮崎県西都市で行われているヤクルトの二軍キャンプはドラフト1位の奥川 恭伸が話題の中心だ。右肘の炎症の影響もあり、ブルペン入りはできないものの走塁練習やダッシュ、そしてネットスローなどのメニューをこなしている。

 その西都にいる新人は奥川だけではない。長岡 秀樹(5位)と武岡 龍世(6位)の高卒野手ふたりも汗を流している。

 八戸学院光星高校出身の武岡は甲子園にも出場しU-18日本代表にも選ばれていた存在。代表では奥川ともチームメイトである。一方の八千代松陰高校出身の長岡は甲子園への出場経験はなく、全国的な知名度はなかった。

 そんなふたりは、ともに遊撃が本職となる。しかし、このキャンプでは適正を見極めるためなのか複数のポジションに入りノックを受けた。なかでも長岡はグラブさばきがよく、捕球から送球までがスムーズ。ときおりミスはあるものの大きなものはなく、どのポジションでも無難にこなしていた印象だ。

 ヤクルトはアマチュア時代に遊撃を守っていた選手が多い。山田 哲人川端 慎吾渡辺 大樹荒木 貴裕とプロ入り後に他のポジションへとコンバートされている。長岡と武岡も早い段階でコンバートされる可能性は十分にあるだろう。

 一方、両選手とも打撃練習では快音連発とはいかなかった。木製バットへの対応に苦慮しているのか、ゲージの外に飛ばない場面も多くゴロ性のあたりも目立った。現時点で生きた投手の球を打っていないため判断できる状態ではないが、打撃面では多くの高卒打者がそうであるように苦労することになりそうだ。

 ゲージでの打撃練習後には畠山和洋コーチとともに複数種類のティーバッティング。初めてであろう形のティーバッティングもあり、ボールがうまくバットに当たらないこともしばしば。気になるところがあると、畠山コーチが手を止め身振り手振りを交えて指導する場面も見受けられた。

ふたりとも高校時代はチームでもトップクラスの実力を持っていたはずだ。しかし、プロに入るとそうはいかなくなる。初めて間近にするレベルの違いに長岡と武岡も初めての春季キャンプで多くのことを感じているはず。この経験を力に変え、一軍への道を目指してほしい。

(文=勝田 聡)


関連記事
オリックス・バファローズ平井 正史一軍投手コーチ 四国高校野球指導者たちに『山本 由伸育成メソッド』を伝授
球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】
二木、種市の道に続け。一軍キャンプに抜擢された古谷拓郎と土居豪人はロッテ伝統の高卒下位指名投手の大出世はなるか?

【関連記事】
2018年ドラフト最下位指名から逆襲を!吉田大成(佼成学園出身)は青木宣親型フォームで覚醒間近 【ニュース - 高校野球関連】
ドラ1が6人も!昨年のU18日本代表の高校卒業後の進路は? 【ニュース - 高校野球関連】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第9回  試合に出たい!真剣に課題に向き合う野球小僧・武岡龍世(八戸学院光星)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第36回 甲子園初アーチはバックスクリーン弾 武岡龍世(八戸学院光星)の復活の過程【101回大会特集】
第830回 2019年のスター候補生・武岡龍世(八戸学院光星) その素顔と意識の高さに迫る 【2018年インタビュー】
武岡 龍世(八戸学院光星) 【選手名鑑】
長岡 秀樹(八千代松陰) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
瀬田工・伊香・綾羽が勝利し三回戦へ!3試合を徹底レポート!【春季滋賀県大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る