ロッテ・横山陸人は高卒ながら一軍キャンプで濃密な経験 ネットスロー再開の奥川へのリベンジに燃える!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.04

入団会見での横山陸人(千葉ロッテマリーンズ)

 最速148キロサイドハンドとして、千葉ロッテマリーンズにドラフト4位で指名を受けた横山 陸人専大松戸)。サイドハンドから強いボールを投げることができるだけでなく、スライダーの切れや果敢にインサイドを攻める度胸など、将来性も高く評価されている。

 そんな横山が、プロの舞台で対戦を望んでいるのが、ドラフト1位でヤクルトスワローズに入団した奥川 恭伸だ。

 因縁は、2016年の第38回全国中学校軟式野球大会に遡る。
 東京・上一色中の投手として決勝戦の先発マウンドに立った横山は、石川・宇ノ気中のエースだった奥川と投げ合った。横山は4回2失点でマウンドを降り、結果は2対1で宇ノ気中が優勝。奥川の投球の前に、上一色中は涙を飲んだ。

 高校時代は雪辱の機会は無かったが、プロの舞台でチャンスが巡ってくることは大いにありえる。昨年12月の新入団会見でも「中学時代に戦ったときは負けているので、その悔しさをプロで晴らせるように頑張りたい」と意気込みを口にした。

 キャンプでは高卒ながら1軍に合流するなど、早くもトップレベルの選手を間近で感じる機会を得ている横山。そしてライバル視する奥川も、3日に1月14日以来の投球となるネットスローを再開して少しずつ調整を進めている。

 2016年夏以来となる再戦は、いつ実現するだろうか。
 横山のこれからの成長に注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
選抜に出場する32校の顔ぶれ
◆NPBに残る甲子園優勝投手は誰?⇒NPBに在籍している甲子園優勝投手は19名
◆選抜優勝校の秋の成績は?⇒東邦、大阪桐蔭、智辯学園ら過去5年の選抜優勝校の秋の成績

【関連記事】
独立リーグから復帰した歳内 宏明も1軍スタート。本格復帰となる2021年にブレークなるか 【ニュース - 高校野球関連】
ドラフト6位から93年世代では勝利数2位タイの上沢直之の成長が素晴らしい! 【ニュース - 高校野球関連】
第1028回 コロナ禍があっても千葉は戦国千葉だった【2020年総括】【大会展望・総括コラム】
第28回 卒業生1位は今年復活を遂げたあのスター!2020年選手名鑑人気ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1051回 ミスが少ない千葉学芸の守備への取り組みとは?【後編】【野球部訪問】
第1050回 戦国千葉で上位へ勝ち上がり続ける千葉学芸 躍進への第一歩となる名将の就任【前編】【野球部訪問】
健大高崎vs専大松戸【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
専大松戸vs鎌倉学園【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
専大松戸vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
東京学館vs専大松戸【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
専大松戸vs千葉学芸【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
第1016回 復活の兆しを見せた専大松戸、躍進を見せ、ベスト4入りを果たした八千代松陰、市立船橋を総括【大会展望・総括コラム】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
横山 陸人(専大松戸) 【選手名鑑】
専大松戸 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
田口、堀など左腕育成に定評のある広島新庄は様々なタイプの選手を育て上げていた!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る