12試合20本塁打で近畿王者となった天理の課題は評判に見合う真の実力を身につけること

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.30

スイングに取り組む選手たち(天理)

 近畿大会王者、天理がこれまでの歩みを振り返った。12試合で20本塁打は出場校31校の中でも断トツトップ。対戦したチームからも「あんなに振れて強烈に打球を飛ばせるチームはなかなかない」と恐れられている。

 だがそんな評価とは裏腹に、中村良二監督は、今年のチームは選手のポテンシャル的にはここ3年のチームに比べても低いという。

 だから20本塁打という数字は「出来過ぎな結果です」と笑う。それでも20本塁打を打てたということは光るものがあったということ。中村監督は、選手の姿勢の良さを評価する。
「まずチームのまとまりがありましたし、どの世代も一生懸命努力しますが、今年のチームは自ら考えて取り組める選手たちです。チームの信条であるフルスイングを徹底して行っていたと思います」

 また選手たちは実力を高めることに朝練を行っていた。
「私も後から知ったのですが、自ら朝練を行っていたんですよね。自分たちに実力が足りないということが分かって、取り組めるところが彼らの強みだと思います」

 ちなみにこの朝練は選手主導で新チームが始まって取り組みを始めたもの。火曜日・木曜日に通常より30分早い5時半起床で、素振り、捕球練習など基礎的な練習と30、40分ほど行う。

 1年生遊撃手の杉下 海生は「朝早いのはきついものですが、勝ち上がりの過程で生きていたなと思うことはあります」
 冬場の練習は個々の戦力アップをテーマに精力的に練習に取り組んできた。

 去年の成果に中村監督は「びっくりするようなパフォーマンスですが、あれができたということは、力がないというわけではないですし、できる潜在能力は持っているんです。あれを一過性ではなく、選抜でも発揮できるよう練習をしていこうということを話をしています」

 「評判に見合う真の実力をつける」

これこそが天理がこの冬場に掲げるテーマなのだ。そのために実力主義を貫く中村監督。
「レギュラーだから、我慢して使うことはありません。結果が出ない、姿勢が悪い。ということであれば、私はベンチ入りからは外しますし、選手たちも自覚して取り組んでいます」
 主将・下林 源太は「昨年は神宮大会の中京大中京戦で守備のミスが出てしまって負けてしまったので守備を重点的に取り組んで行っています」と守備力強化をテーマに励んでいる。

 センバツを見据え、個々の能力をあげるために取り組む選手たち。大舞台でも力を発揮できる真の実力を身につけたとき、天理は優勝候補に名乗りあげることになるだろう。

(文=河嶋 宗一

関連記事
◆特設サイトはこちら⇒選抜2020特設サイト
◆選抜に出場する32校をチェックする⇒明石商や花咲徳栄などが選出!
智辯和歌山の課題は「個」のレベルアップ。コンバートなどを経て全選手がレベルアップ!

【関連記事】
総合力高き142キロ右腕、報徳学園のエース・坂口翔颯の目指す姿とは? 【ニュース - インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
近畿大会打率.688!核弾頭・下林源太(天理)の成長の原点はフルスイングにあった 【ニュース - インタビュー】
第1111回 センバツ出場を呼び込んだ強打の核弾頭・下林源太(天理)が語る「フルスイング」のメリット 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 夏の準決勝敗退から始まった神宮大会優勝 日本一を狙う中京大中京の課題は【野球部訪問】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs奈良大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
下林 源太(天理) 【選手名鑑】
天理 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
明石商春夏連続ベスト4の原動力・水上桂(楽天)の高校屈指の名捕手になるまでの努力とは?
次の記事:
中日3位・岡野祐一郎(東芝)が語った控えからアマチュアの名門を渡り歩いた軌跡
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る