星稜ナインの現在地。昨夏決勝戦を見ている1、2年生だからこそ優勝を狙いたい

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.28

星稜・林和成監督

 2018年春から五季連続出場を果たした星稜内山 壮真知田 爽汰荻原 吟哉今井 秀輔など経験者がいるとはいえ、未知数。さらに大幅にチーム始動が遅れ、甲子園に帰ってきたあと、すぐ練習試合に入るほど慌ただしいスタートだった。そんな中、どうチーム作りをしてきたのか。

 これが常勝チームの作り方と思わせるものだった。まず林和成監督は何を売りにするべきかということを考えた。
 「新チームが始まった当初は何でも足りないので、すべてやろうとしたら中途半端になってしまう。その中で今年は打撃がよく、内山を筆頭に強く振れる選手が多かったので、練習も打撃メインとなりました。だから守備練習もシートノック程度だったと思います」

 林監督の思惑通り、選手たちは強打を発揮し、昨秋の石川県大会で5試合46得点の猛攻、北信越大会準々決勝~決勝戦まですべて二けた得点を挙げた。この成果に林監督も「私の予想以上の成果でした」と選手たちの活躍をたたえた。

 しかし明治神宮大会では、守備のミスが重なり、初戦敗退を喫した。林監督は「今までしっかりとした守備の練習ができていない分、守備のミスが出てしまったのかなと思います。選手たちにレポートを書かせてもほとんどの選手が守備が課題だと気づいたので、守備メインの練習に切り替えました」
 この期間は選手たちの守備力は大きく向上。三塁手の知田 爽汰は打球の見方、足の運び方を変えて、捕球と送球の安定性が高まった。また、エースの荻原吟哉は球威アップへ向けてウエイトトレーニングを増やしている。



主将の内山壮真(星稜)

 この12月~1月は暖冬で、例年にはなく、グラウンドで練習できたり、年末は沖縄キャンプを行ったりと、チームの仕上がりは順調。

 林監督は今のチームだからこそ全国制覇を目指す必要があると語った。

 「昨夏、24年ぶりの決勝まで行かせていただきましたが、また近いうちに行けると思ってしまうと、また半世紀もかかってしまう。なので、決勝戦の雰囲気を味わっている彼ら(1、2年生)のうちに狙っていきたいんですよね。
 あの雰囲気は私の中でも今までとは違う雰囲気、景色がありました。まだ去年の3年生たちが甲子園で勝つにはどういうレベルに達すればいいのかを見せてくれて、それが財産になっています。それを一緒にプレーし、間近で見てきた選手たちだからこそ全国制覇を狙っていきたいと思います」

 主将・内山 壮真も「全国制覇へ向けて頑張っていきたい」と決意する。林監督はこのチームについて「野球がうまくなるためにいろいろなものを見て研究できる選手が多い。指導方針は自主性を大事にしていますが、近年はそういう選手が集まっていることは傾向にあると思います」

 実際に話をしていても強豪校の動画、プロ野球選手の動画を見ている選手が多数だった。自ら学んで技術を高めようとする星稜ナインは一冬越して全国制覇を狙える実力をしっかりと見せつけることができるか楽しみだ。

(文=河嶋 宗一

関連記事
◆特設サイトはこちら⇒選抜2020特設サイト
◆選抜に出場する32校をチェックする⇒明石商や花咲徳栄などが選出!

【関連記事】
154キロ計測の奥川恭伸、初登板初勝利の西純矢ら高卒新人投手8人がデビュー 【ニュース - 高校野球関連】
岩下大輝が今季初勝利!奥川以外の星稜高OBたちも躍動中 【ニュース - 高校野球関連】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜) 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs敦賀【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
今井 秀輔(星稜) 【選手名鑑】
内山 壮真(星稜) 【選手名鑑】
荻原 吟哉(星稜) 【選手名鑑】
知田 爽汰(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
台風19号被害を受けて僕たち岩村田野球部は何を気づけたのか
次の記事:
東京五輪で中学野球の全国大会も開催地変更へ ジャイアンツカップは福島・茨城、シニア選手権は宮城
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る