1月24日に今春のセンバツに出場する32校が発表された。その32校を地区ごとにわけ、現在OBたちがNPBでどれだけプレーしているのかを確認していきたい。今回は北海道そして東北地区の3校だ。

 北海道からは秋季北海道大会を制した白樺学園高校が順当に選出された。同校は夏の甲子園には3度の出場があるものの、春のセンバツは初めての出場となる。同校からは2019年ドラフト会議終了時点で、NPBプレーヤーは生まれていない。一方で北海道の高校ということもあり、OBには長野オリンピックのスピードスケート500メートル金メダリスト清水宏保氏がいる。

 東北地区からは仙台育英高校(宮城)と鶴岡東高校(山形)が出場する。仙台育英は由規(楽天)をはじめ、多くの選手がNPBでプレーしている名門校だ。

 由規(2007年高ヤクルト1位)や上林 誠知(2013年ソフトバンク4位)、平沢 大河(2015年ロッテ1位)らのように、高校から直接プロ入りを果たす選手もいるなかで、近年は大学経由の選手も多くなった。昨秋のドラフト会議でも、同校から慶応大学へ進学した郡司 裕也が中日から4位で指名されている。

 その他にも、近年では松原聖弥(明星大→2016年巨人育成5位)や馬場 皐輔(仙台大→2017年阪神1位)、熊谷 敬宥(立教大→2017年阪神3位)、梅津 晃大(東洋大→2018年中日2位)らが大学を経由してプロ入りをはたした。

 鶴岡東は昨夏も甲子園に出場しており2季連続の聖地となった。夏は6度の出場があるものの、春のセンバツは41年ぶり2回目と久しぶり。同校の現役NPBプレーヤーは吉住 晴斗(2018年ソフトバンク1位)ひとりだけ。これまでに吉住を含め、3人のOBがドラフト指名(育成含む)されているが、一軍出場をはたした選手はひとりもいない。吉住には同校OBとして初の一軍出場の期待がかかっている。

【現役NPBプレーヤー】
白樺学園(北海道/初出場)
なし

仙台育英(宮城/3年ぶり13回目)
由規(楽天)
上林 誠知(ソフトバンク)
松原聖弥(巨人)
馬場 皐輔(阪神)
熊谷 敬宥(阪神)
西巻 賢二(ロッテ)
梅津 晃大(中日)
郡司 裕也(中日)

鶴岡東(山形)
吉住 晴斗(ソフトバンク)

(記事=勝田 聡)


関連記事
◆特設サイトはこちら⇒選抜2020特設サイト
◆選抜に出場する32校をチェックする⇒明石商や花咲徳栄などが選出!