センバツ出場を決めた花咲徳栄は5年連続NPBプレーヤー輩出中 プロでのこれからの活躍にも注目!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.26

左から若月健矢(オリックス)、清水達也(中日)、韮澤雄也(広島4位)

 1月24日、今春のセンバツに出場する32校が発表された。秋季大会で好成績を収めた学校が順当に選出されており、大きな波乱や予想を覆すような意外な選出はなかった。その中で関東・東京の最後の1枠に滑り込んだのが花咲徳栄高校(埼玉)である。

 同校は2017年夏の甲子園を制覇したことで知名度が大きく上がり、全国でも屈指の存在となった。また近年はNPBのドラフト会議において、多くの選手が指名されていることでも知られている。

 同じ埼玉県内の高校では浦和学院高校OBが最も多くドラフト指名されているが、2010年以降は形成が逆転した。浦和学院の6人に対し花咲徳栄はそれを4人も上回る10人が指名を受けているのである。

 また、大瀧 愛斗(2015年西武4位)、高橋 昂也(2016年広島2位)、岡﨑 大輔(2016年オリックス3位)、西川 愛也(2017年西武2位)、清水 達也(2017年中日4位)、野村 佑希(2018年日本ハム2位)、韮沢 雄也(2019年広島4位)と5年連続で高卒指名を受けている。

 その間には東北福祉大へ進学した楠本 泰史(東北福祉大→2017年DeNA8位)も指名を受けており、埼玉県内で屈指のNPBプレーヤー輩出校となった、といっても過言ではない。今年もスラッガー・井上 朋也が在籍しており、プロからの注目は依然として高い。

 しかし、NPBに入ってから実績を残した選手はあまり多くない。2010年以降では若月 健矢(2013年オリックス3位)が正捕手候補として奮闘しているのが目立つ程度。その他の選手はまだ入団してから日が浅いということもあるが一軍での実績はない。

 2010年以前に入団した選手まで広げてみても、根元俊一(東北福祉大→2005年大・社ロッテ3巡)が2度の規定打席到達を果たしているくらいだ。

 一方、浦和学院の歴代OBを見ると鈴木 健(1987年西武1位)、清水隆行(東洋大→1995年巨人3位)に木塚敦志(明治大→1990年横浜2位)がおり、現役選手では巨人で活躍する大竹寛(2001年広島1巡)が昨年通算100勝をマークした。

 2010年以降に入団した選手では、榊原 翼(2016年オリックス育成2位)も育成契約から這い上がり、結果を残している。小島 和哉(早稲田大→2018年ロッテ3位)も昨シーズン新人ながら3勝を挙げた。このように現時点におけるNPBでの実績は、浦和学院OBのほうが勝っているのである。

 花咲徳栄OBたちは、後輩たちの甲子園出場に発奮しNPBの世界で結果を残すことができるだろうか。

花咲徳栄高校OB】
※2020年NPB所属

若月 健矢(オリックス)
大瀧 愛斗(西武)※登録名・愛斗
高橋 昂也(広島)
岡﨑 大輔(オリックス)※育成契約
西川 愛也(西武)
清水 達也(中日)
楠本 泰史(DeNA)
野村 佑希(日本ハム)
韮沢 雄也(広島)

(記事=勝田 聡)


関連記事
花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??
清水 達也(中日ドラゴンズ・投手) 聖地の頂点糧に、今度はナゴヤドームで頂点へ
「自分の避け方悪かった」死球辞退後にホームランの菅原 謙伸 海外メディアも「これはカルマ」と称賛

【関連記事】
OP戦個人成績から見る“活躍の前兆” 2019年は村上宗隆(九州学院出身)、近本光司(社出身)などが結果を残す 【ニュース - 高校野球関連】
今年は大チャンス! 西武の高卒生え抜きの愛斗(花咲徳栄出身)はレギュラーを奪えるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第86回 清水 達也(中日ドラゴンズ・投手) 聖地の頂点糧に、今度はナゴヤドームで頂点へ【高校野球コラム】
第66回 10名中4名が高卒ドラ1!甲子園の優勝校のエースの現在地【101回大会特集】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第1003回 これが9番!?ネガティブを成長に変えた岩手育ちの「大型捕手」 菅原謙伸(花咲徳栄) 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第817回 3年連続の聖地へ!目指すは全国区のショートストップ!韮澤雄也(花咲徳栄)の決意 【2018年インタビュー】
第184回 初めてのシーズンが終了!清宮ら高卒組の1年目はどうだった?【ドラフト特集コラム】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
大瀧 愛斗(花咲徳栄) 【選手名鑑】
岡﨑 大輔(花咲徳栄) 【選手名鑑】
楠本 泰史(花咲徳栄) 【選手名鑑】
清水 達也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
高橋 昂也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
韮沢 雄也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
若月 健矢(花咲徳栄) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
パリーグ本塁打王・山川穂高も納得!抜群の安定感誇る『ミズノ グローバルエリートPS2』
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る