西武・宮川哲はA班スタート、母校・東海大山形のOBは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.23

キャンプは1軍スタートとなった宮川哲

 1月22日、西武が2月1日から行われる春季キャンプの振り分けを発表した。A班(一軍)には源田壮亮や山川穂高、森 友哉といった主力に加え、新加入の松坂 大輔も名を連ねた。また新人では、ドラフト1位の宮川哲、同2位の浜屋 将太、同5位の柘植 世那と3人がA班スタートとなった。

 西武は投手陣が課題とされているだけに、宮川と浜屋のふたりは春季キャンプでアピールを行い開幕ローテーション入りをはたしたいところだろう。

 さて、即戦力候補として名高い宮川は東海大山形高校の出身でもある。同校は春夏合わせて9回(春3回、夏6回)の甲子園出場を誇っているが、これは県内3位の数字でもある。ちなみに1位は日大山形高校の21回(春4回、夏17回)、2位には酒田南高校の11回(春1回、夏10回)と続く。

 県内屈指の強豪校ではあるが、近年は甲子園の出場を勝ち取ることができていない。直近の甲子園出場は2004年春の甲子園となっており、今から16年も前のことだ。また、夏の甲子園に至っては1995年から25年も遠ざかっている。昨秋は山形3位で東北大会へと出場したものの、初戦で磐城高校(福島3位)に0対6で敗れてしまい今春の甲子園出場の芽は潰えてしまった。

 一方でNPBへの選手輩出はどうだろうか。ドラフト制以降で見ると、日大山形高校は栗原健太(元・広島ほか)に奥村 展征(ヤクルト)ら5名、酒田南高校からは長谷川勇也(ソフトバンク)や石垣 雅海(中日)ら7名が指名を受けた。一方で東海大山形高校は小田嶋正邦(元・横浜ほか)、赤間 謙(DeNA)、そして宮川と3人しかいない。

 また、栗原はベストナインやゴールデングラブ賞を受賞しており、長谷川も首位打者を獲得するなど、プロ入り後も結果を残している。県内屈指の強豪校だが、現時点においてNPBでの活躍者が不在なのは少しさみしい。

 はたして宮川は同校出身者として初のタイトルホルダーとなり、栗原や長谷川といった同県の高校出身者に追いつき、追い越すような活躍を見せることができるだろうか。その第一歩となる1年目の春季キャンプがまもなく始まる。

【東海大山形高校OB】
※チーム名はドラフト時
小田嶋正邦(横浜/2001年3巡)
赤間 謙(オリックス/2015年9位)
宮川哲(西武/2019年1位)

(文=勝田 聡)

関連記事
◆宮川哲選手のインタビュー前編はこちら⇒投手人生スタートは高校から。社会人屈指の速球派・宮川哲(東芝)が154キロ右腕になるまで【前編】
◆宮川哲選手のインタビュー後編はこちら⇒宮川哲の魅力は150キロ超えの速球だけではない。高速カーブなど変化球を投げるポイントを解説!【後編】
◆宮川投手を輩出した生駒ボーイズの記事はこちら⇒宮川哲など2019年はプロ2名を輩出の生駒ボーイズ 今年もプロ入りが期待できるドラフト候補が2人も!

【関連記事】
ロッテ・安田尚憲(履正社出身)にかかる2005年以降入団の高卒選手による初の2桁本塁打 【ニュース - 高校野球関連】
ドラ1が6人も!昨年のU18日本代表の高校卒業後の進路は? 【ニュース - 高校野球関連】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
城西国際大vs広島経済大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
健大高崎vs西武台【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
西武台vs青藍泰斗【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1050回 投手人生スタートは高校から。社会人屈指の速球派・宮川哲(東芝)が154キロ右腕になるまで【前編】 【2019年インタビュー】
第1051回 宮川哲の魅力は150キロ超えの速球だけではない。高速カーブなど変化球を投げるポイントを解説!【後編】 【2019年インタビュー】
広島新庄vs尾道商【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
赤間 謙(東海大山形) 【選手名鑑】
石垣 雅海(酒田南) 【選手名鑑】
奥村 展征(日大山形) 【選手名鑑】
浜屋 将太(樟南) 【選手名鑑】
松坂 大輔(横浜) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
熊野 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
西条農 【高校別データ】
酒田南 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
山陽 【高校別データ】
沼南 【高校別データ】
大門 【高校別データ】
大和 【高校別データ】
東海大山形 【高校別データ】
日大山形 【高校別データ】
沼田 【高校別データ】
広島市工 【高校別データ】
広島工 【高校別データ】
広島 【高校別データ】
広島工大高 【高校別データ】
広島商 【高校別データ】
広島中等 【高校別データ】
広島中等・賀茂北 【高校別データ】
府中 【高校別データ】
三原 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
吉田 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【ドラフト指名一覧・阪神タイガース】大きな可能性を秘めた若虎の獲得に成功
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る