逆転選出も!?選抜出場で運命を変えた花巻東と日大三

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.22

 1月24日、第92回選抜出場高等学校野球大会の出場校が発表される。野球に限らず、選抜発表はいろいろな反応があり、ドラマがある。その中であっと驚く発表がありながらも、運命を変える発表だったものもある。

 まず1つ目が2009年出場の花巻東である。2008年の秋季東北大会では準決勝で優勝した光星学院に3対6で敗れた。そして準優勝は一関学院で、光星学院に1対7で敗れている。選ばれたのは花巻東だった。当時のメディアでは逆転選出という見出しが並んだ。東北大会では一関学院が準優勝しているが、花巻東は県大会で一関学院を9対2で勝利していて、優勝を果たしていた。

 勝ち上がりを見てもまさに甲乙つけがたいもの。このケースだと、直接対決を勝利した花巻東に軍配が上がった。

 この選出は花巻東にとって全国的な強豪へ昇華するものとなった。大会前から注目を浴びていた大型左腕・菊池 雄星(現シアトルマリナーズ)は選抜初戦の鵡川戦で、9回一死まで無安打。最終的に2安打を打たれたが、12奪三振完封勝利。そして150キロも計測し、一気に2009年センバツのスターとなった。その後、準優勝まで輝き、2009年の高校野球の主役となった。また全力疾走、カバーリングなど細かいところまで徹底する花巻東野球も注目されるようになり、準優勝を経験したことで、花巻東は自分たちの野球スタイルに自信を持ち、今も、スタイルを変えることなく、全国常連の強豪となっている。もし選ばれていなかったら、菊池も、野球界はどうなっていたのか...。それだけ歴史的な選出だった。

 そして2つ目が2010年の日大三だ。日大三と争っていたのが、関東大会ベスト8の桐蔭学園だ。ベスト4の東海大望洋(現・東海大市原望洋)に1対4で敗退した。例年ならば、東京・関東の6枠目は東京の準優勝校と比較になるが、当時、準優勝の東海大菅生は1対13で敗れ、さらに不祥事で推薦を辞退しており、準決勝敗退の日大三との比較になった。最終的に全国トップレベルの総合力を誇る帝京相手に4対5と互角の勝負を演じた日大三が選出されることなった。この選考は確かだった。全国に登場した日大三はパワフルな野球で圧倒。超高校級レベルの強打で他校を圧倒し、準優勝を果たした。日大三はエース・山崎 福也(現・オリックス)が投打で活躍。特に打撃面では一大会の通算安打の最多タイ記録となる13安打を記録した。

 山崎だけではなく、髙山 俊(阪神)、横尾 俊建(北海道日本ハム)とのちにプロ入りする選手も出場。この選抜出場が全国制覇を明確に意識するものとなり、高山、横尾ら3年生となった2011年夏には甲子園優勝を決めている。

 全国の野球ファンの注目度が非常に高い甲子園は春、夏に限らず、出場選手にとって大きな影響を与え、人生も変えたと聞く。それだけ選抜発表は重いものなのである。

関連記事
◆選抜2020出場校を予想しよう!24日15時に出場校が発表⇒2020年・第92回センバツ出場候補・スケジュール一覧
◆選抜出場校に挙がった全131校の顔ぶれを一挙にチェック!⇒選抜出場候補131校決まる
◆北海道、関東・東京地区の有力校は?⇒選抜選考委員会迫る!北海道、関東、東京の有力候補は??

【関連記事】
高校時代に甲子園や各地方大会で活躍を見せた選手の次の舞台は?!六大学や東都に進学する逸材たち! 【ニュース - 高校野球関連】
開幕ローテーションへ!2020年の櫻井周斗は一味違うところを見せられるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!【東京の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs安田学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs八王子【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
錦城vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第1008回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
日大三 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【ベースボールスピードアップ 厳選トレーニング2014】特別コラム後編2本を公開!!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る