増井、鈴木博、杉山の静岡出身の剛速球右腕トリオたちの活躍に期待!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.20

左から増井 浩俊、杉山一樹

 静岡県出身のプロ野球選手は関東・大阪と比べるとあまり話題にならないが、ポテンシャルが高い投手が多い。特に剛速球投手が多い印象だ。今回は静岡県出身で、静岡の高校を出た剛腕投手3名を紹介したい。

 プロでも実績を残した剛腕投手といえば、オリックスの増井 浩俊(静岡高校出身)だろう。高校卒業後、駒大、東芝を経て、北海道日本ハム入り。プロ2年目の2011年に56試合に登板し、34ホールドをマーク。2014年からクローザーに転向。2015年には39セーブを挙げ、現在、36勝37敗163セーブ、152ホールドとリリーフのスペシャリストへ成長した。増井の魅力といえば、なんといっても伸びのあるストレート。投球回を上回る奪三振を記録したのが6シーズン。静岡出身では、東北楽天の右アンダースロー・牧田和久(静清工出身)に並ぶ大投手となった。

 2人目は中日の鈴木 博志(磐田東出身)だ。磐田東時代は140キロの速球を投げる好右腕だったが、ヤマハの3年間で球速を大きく高め、157キロ右腕へ成長。2017年のドラフトで中日1位指名を受けると、1年目から53試合に登板。2年目は25試合登板に終わったが、まだ伸び盛りの速球派右腕。期待がかかる。

 3人目は福岡ソフトバンクの杉山 一樹駿河総合出身)。高校時代から速球は右腕として注目された右腕は最速153キロ右腕へ成長。福岡ソフトバンクから2位指名を受けた。一軍登板はわずか2試合に終わったが、192センチの長身から繰り出す最速157キロのストレート、曲がりが鋭いスライダー、カーブ、フォークといずれも精度が抜群。1月ではエース・千賀 滉大蒲郡出身)と自主トレを行い、素質の高さは絶賛を受けている。

 3人とも飛躍なるか。2020年の活躍を注目していきたい。



関連記事
寺原隼人から始まった好投手王国 宮崎県
増井 浩俊が語る伸びのある速球を投げる秘密
今ドラフト最大の大器右腕・杉山 一樹(三菱重工広島)ドラフト前日に力投!

【関連記事】
実力の東都二部も逸材揃い!期待の新入生12名 【ニュース - 高校野球関連】
大卒が圧倒的!過去5年の開幕投手たちの出身カテゴリーランキング 【ニュース - 高校野球関連】
第629回 総合学科の学校として新しい形の文武両道に挑む 駿河総合(静岡)【前編】【野球部訪問】
第21回 四国高校・独立&中国大学・社会人ドラフト指名5人衆【四国発】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集コラム】
第189回 【第97回静岡大会展望】2季続東海大会優勝の静岡の牙城を崩すのは?好チーム、好選手を一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第8回 さあ、君もいよいよ高校球児だ!最新のギア情報をお届け!【特集コラム】
杉山 一樹(駿河総合) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
八王子実践が快勝!都立成瀬をコールドで下して都大会出場を決める!【秋季東京都大会一次予選】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る