奥川恭伸はどうなる? ヤクルト高卒投手たちの1年目

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.18

奥川恭伸(星稜)

 1月も半ばを過ぎた。2月1日に始まる春季キャンプが目前に迫っている。選手たちは全国各地で自主トレを行っているが、なかでも注目を浴びるのが、昨年のドラフト会議で指名されたルーキーだ。

 注目される存在のひとりであるヤクルトのドラフト1位・奥川 恭伸は、右肘の炎症の影響で、春季キャンプは宮崎県の西都で行われる二軍スタートが確実となった。

 ここまで奥川は新人合同自主トレの中でブルペンにこそ入っていないが、キャッチボールは行っていた。しかし、これで当面はノースロー調整となり、ボールを使わないトレーニングが中心となる。

 この状況に対し奥川自身は、「(プロで)長くやりたいので1年目は土台作り」と語っており、焦りはない。じっくりと体をつくって来たるべき時を待つことになりそうだ。

 この影響もあり奥川の一軍デビューはしばらくお預けとなりそうだが、近年のヤクルトにおける高卒投手たちは、1年目から一軍で登板機会を与えられているのだろうか。2010年代以降のドラフト会議で指名された、高卒投手たちの1年目を振り返ってみたい。

 2010年から2018年のドラフト会議で、ヤクルトは9名の高卒投手を指名してきた。そのなかで1年目から一軍での登板機会を得たのは、寺島 成輝梅野 雄吾のふたりだけ。ふたりとも一軍で白星を挙げるにはいたらず、どちらかというと苦しい投球内容だった。

 二軍ではどうだったのだろうか。各投手の二軍の登板実績を見ると、1年目から10試合以上に登板しているのは市川 悠太鈴木 裕太、そして寺島と梅野の4人だけしかいない。理由は様々だが、ほとんどの選手は1年目に一軍・二軍とも登板機会は少なかったのである。

 とはいえ、奥川に関しては、今までの高卒投手とは違う特別のプログラムを用意することも示唆されていた。今回のノースロー調整でいったんは白紙になるが、今後どのようなプランとなるかは、ファンにとっても気になるところだろう。

 はたして奥川はどのようなプランで、1年目を過ごすことになるのだろうか。その育成方法に注目が集まる。

【ヤクルトにおける高卒投手の1年目成績】
※2010年ドラフト以降
<2019年>
1位:奥川 恭伸星稜高)

<2018年>
3位:市川 悠太明徳義塾高)
[一軍]登板なし
[二軍]18試合/1勝0敗/19.1回/奪三振22/与四球13/防御率2.79
6位:鈴木 裕太日本文理高)
[一軍]登板なし
[二軍]19試合/0勝2敗/19.1回/奪三振11/与四球19/防御率8.38

<2017年>
5位:金久保 優斗東海大市原望洋高)
[一軍]登板なし
[二軍]1試合/0勝0敗/1回/奪三振1/与四球1/防御率0.00

<2016年>
1位:寺島 成輝履正社高)
[一軍]1試合/0勝0敗/3回/奪三振3/与四球3/防御率15.00
[二軍]6試合/0勝1敗/19回/奪三振19/与四球9/防御率2.37
3位:梅野 雄吾九産大九産高)
[一軍]2試合/0勝1敗/8回/奪三振8/与四球9/防御率6.75
[二軍]15試合/1勝3敗/65回/奪三振49/与四球34/防御率3.32

<2015年>
3位:高橋 奎二龍谷大平安高)
[一軍]登板なし
[二軍]1試合/0勝0敗/3回/奪三振3/与四球0/防御率0.00
4位:日隈 ジュリアス高知中央高)
[一軍]登板なし
[二軍]1試合/0勝0敗/1回/奪三振0/与四球0/防御率18.00

<2014年>
指名なし

<2013年>
5位:児山 祐斗関西高)
[一軍]登板なし
[二軍]6試合/0勝1敗/10回/奪三振13/与四球3/防御率1.80

<2012年>
3位:田川 賢吾高知中央高)
[一軍]登板なし
[二軍]3試合/0勝1敗/6回/奪三振2/与四球3/防御率9.00

<2011年>
指名なし

<2010年>
指名なし

(記事=勝田 聡)

関連記事
◆奥川恭伸のインタビューを読む⇒なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった
◆市川悠太投手のインタビューを読む⇒挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ
◆寺島成輝投手のインタビューを読む⇒大事な試合ほど冴え渡る集中力

【関連記事】
履正社がベスト4進出!東海大仰星もコールドで勝利した準々決勝2試合を徹底レポート!【秋季大阪府大会】 【ニュース - 高校野球関連】
履正社vs大阪商業大高【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
【大阪】大阪桐蔭、履正社、東海大仰星が4強!そして山田が公立校唯一のベスト4へ!<27日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
千葉学芸vs東海大市原望洋【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
高知中央vs土佐塾【高知県 2020年秋の大会 高知県高等学校選抜野球大会】
高知vs明徳義塾【高知県 2020年秋の大会 高知県高等学校選抜野球大会】
第134回 セカンド送球1.8秒台の強肩!強打の捕手・関本勇輔が大事にしてきた1球の重み【高校野球コラム】
履正社vs星稜【2020年甲子園高校野球交流試合】
第3回 高校野球を終えたキミたちへ 恩師からの手紙 ~日本文理キャプテン・平野貴史~【高校野球は空の色】
第1230回 天才ゴルフ少年から星稜のスラッガーへ。中田達也の長打力の秘密はゴルフ仕込みのフルスイング 【2020年インタビュー】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
第1014回 激戦の夏季京都大会を展望!ドラフト候補・奥村、早、山下など注目スラッガー多数!【大会展望・総括コラム】
第1014回 京都の名門・龍谷大平安は自粛期間をどう過ごしたのか?秋までの軌跡と夏の展望に迫る【野球部訪問】
第1198回 奥村真大(龍谷大平安)はなぜプロ志望を公言したのか?そして狙うは「兄超えの一流選選手」【後編】 【2020年インタビュー】
第1195回 3世代で甲子園を経験!奥村真大(龍谷大平安)の持ち味は類まれな勝負強さ【前編】 【2020年インタビュー】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
市川 悠太(明徳義塾) 【選手名鑑】
梅野 雄吾(九産大九産) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
金久保 優斗(東海大市原望洋) 【選手名鑑】
児山 祐斗(関西) 【選手名鑑】
鈴木 裕太(日本文理) 【選手名鑑】
鈴木 裕太(東亜学園) 【選手名鑑】
高橋 奎二(龍谷大平安) 【選手名鑑】
田川 賢吾(高知中央) 【選手名鑑】
寺島 成輝(履正社) 【選手名鑑】
日隈 ジュリアス(高知中央) 【選手名鑑】
関西学院 【高校別データ】
関西 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
九産大九産 【高校別データ】
高知中央 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
東海大市原望洋 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【セルフコンディショニングのススメ 】次につながるクールダウン
次の記事:
社会人注目のスラッガー・今川優馬(JFE東日本)の一発だけじゃない打撃理論とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る