【動画】中日ドラゴンズ5位指名・岡林勇希(菰野)が最速153キロにたどり着くまで

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.14

中日ドラゴンズ5位指名の岡林勇希(菰野)

 中日ドラゴンズ5位指名の岡林 勇希菰野)。二刀流としてスタートするが、どちらかというと野手として評価する声が多い。ただ岡林は投手としても捨てきれないものがある。最速153キロというスペックの高さではなく、153キロに至るまでのプロセスを振り返ると、非常に考えて練習に取り組んでいる選手だからだ。

 中学3年には藤川球児(阪神)が実践する指を閉じてストレートを投げる握りに変更し、ストレートの球速は中学3年ながら140キロに達し、さらに食事のとり方も工夫し、夜を少なめにして朝を多めにとるやり方に切り替えて体重を入学当時63キロから11キロ増の74キロまで増やし、またウエイトトレーニングを中心にこなしていき、最速153キロまでに伸ばした。

 また変化球も、スライダーを投げる際、人差し指と中指を開いて投げるなど探求心が豊か。意識が高いだけではなく、角度のあるストレートを投げられるフォームをしており、非常に意識の高さを感じるのだ。

 岡林はほかの選手とは違う育成プログラムでどんな成長をたどるのか楽しみだ。

 動画では岡林が菰野に入学するきっかけ、食育トレーニング、また戸田直光監督が語る岡林の評価を知ることができる。理路整然と説明する岡林の姿から意識の高さを実感するはずだ。

(動画を見る)



関連記事
探究心豊かな速球派右腕・岡林勇希(菰野)。153キロを投げるのは必然だった【前編】
中日のドラフトは勝ち組?指名選手の今年度の活躍度、注目度が群を抜いている!
【ドラフト指名一覧・中日ドラゴンズ】地元の高校生スラッガー・石川昂弥を獲得し、即戦力も的確に補強

【関連記事】
第73回 「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
最年長2000本安打達成者・和田一浩が大事にしてきたこととは? 【ニュース - インタビュー】
高校時代の通算本塁打は0本 小笠原 道大が長距離打者の地位を築くまで 【ニュース - インタビュー】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第68回 「あの20キロを走り抜いたのは、彼がはじめてです」 恩師が語る「大野 雄大(中日ドラゴンズ)」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1048回 コントロール重視の投球フォームが生んだ「153キロ」。 岡林勇希(菰野)【後編】 【2019年インタビュー】
第1048回 探究心豊かな速球派右腕・岡林勇希(菰野)。153キロを投げるのは必然だった【前編】 【2019年インタビュー】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 「地元選手、そして捕手の獲得を」スポーツライター・小関順二さんが中日ドラゴンズのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
浜松商vs菰野【2019年春の大会 第66回春季東海地区高等学校野球大会】
菰野vs大垣日大【2019年春の大会 第66回春季東海地区高等学校野球大会】
中京大中京vs菰野【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
第724回 小郷賢人(関西ー東海大学)「分かっていても空振りする真っ直ぐ」でNPBの日本代表を目指す 【2018年インタビュー】
第631回 田中 法彦(菰野2年・投手)「心・技・体」備えた、世代NO1投手へ 【2017年インタビュー】
第628回 徳島インディゴソックス・大藏 彰人投手(中日ドラゴンズ育成1位指名)挫折を越え、野球愛を叫び、開けた「NPB」の扉 【2017年インタビュー】
菰野vs高田【三重県 2017年夏の大会 第99回選手権三重大会】
至学館vs菰野【2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会】
岡林 勇希(菰野) 【選手名鑑】
菰野 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
沖縄尚学はノーシードから頂点を目指す!興南と沖縄水産の再戦はあるのか?!【沖縄大会】
次の記事:
花巻東時代の女房役が振り返る大谷翔平が「160キロ」をマークした歴史的瞬間
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る