小中高指導者が集い「第1回徳島県野球指導者研修会」開催!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.12

多くの秘話も交え熱く語った川村 卓・筑波大准教授・硬式野球部監督

 2020年1月11日(土)徳島県徳島市の「ホテルグランドパレス徳島」において「第1回徳島県野球指導者研修会」が開催された。これは少年野球チーム、中体連所属チーム、中学硬式野球チーム、高校野球部の各カテゴリーから約90名の指導者たちが「顔を合わせて最新の情報を共有し、意見交換をしていく」(須崎 一幸・徳島県高等学校野球連盟理事長)画期的な試みである。

 研修会は2部構成。第1部では1週間で公式戦投球数500球以内、3連投禁止の答申をまとめた日本高等学校野球連盟「投手の障害予防に関する有識者会議」メンバーであり、日本における野球動作解析の第一人者である川村 卓・筑波大体育系准教授(同大硬式野球部監督・侍ジャパン大学代表コーチ)が「発達段階に応じた野球のトレーニング学」をテーマに講演。

 「昔は子どもたちは自然に野球のルールを覚えていたけれど、今は打ったら三塁へ走るのが半数。どうやって遊びの中でルールを覚えていくかが課題」という子どもたちの実情や、「彼は夏に筑波大で練習した時も、まだ生物学年齢的には成長段階にあった」最速163キロ右腕の千葉ロッテマリーンズ・佐々木 朗希投手(大船渡<岩手>)の逸話なども交えながら、約1時間20分にわたり小中高の12年間でどのような投げ方の指導カリキュラムを組めばよいかなどを伝授した。

 続くパネルディスカッションでは川村氏に加え、スポーツ整形外科医の権威として知られる松浦 哲也氏(徳島大)、少年野球から野村 隼人氏(福井若竹監督)、中体連軟式野球から原 裕則氏(徳島市国府中監督)、中学硬式野球から白石 静生氏(徳島中央リトルシニア総監督)、高校野球から森 恭仁氏(鳴門渦潮監督・徳島県高野連監督会会長)の計6名が登壇。各カテゴリーの現状における課題、野球界の最新情報なども披露・共有しながら1時間余り活発な意見を交わしている。

 なお、この指導者研修会は少しずつ角度を変えながら継続していく予定。野球人口の減少がますます顕著化するであろう、2020年「東京オリンピック・パラリンピック後」の野球界に新たな一石を投ずる意味においても、今後の展開に注目していきたい。

(取材=寺下 友徳

関連記事
球史に名を刻む名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限
高校、大学合わせて8名の日本代表を含め73名が学生野球表彰選手に受賞!
投手の肩や肘をいかに守るか!東京都高野連の指導者研修会で専門医が講演

【関連記事】
ドラフト7位でも侮れない!なぜ東北楽天・水上桂(明石商)はどのチームでも首脳陣に信頼されるのか? 【ニュース - 高校野球関連】
ロッテ・佐々木朗希(大船渡出身)は唐川侑己(成田出身)以来12年ぶりの高卒ドラ1投手として活躍なるか 【ニュース - 高校野球関連】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
第24回 U-18代表、2020年ドラフト注目選手が上位独占!2019年人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
第30回 吉村卓也が各球団のドラフトを振り返る!補強ポイントを抑えているのか?【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第95回 ソフトバンク、広島、日本ハムは全員現役!過去10年間のドラフト1位生存率を探る!【高校野球コラム】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
大船渡vs一関工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
都立葛飾商vs筑波大附【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
日大二vs筑波大附【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
第839回 九州に現れた本格派右腕・浅田将汰(有明)の思考を読み解く!【前編】 【2018年インタビュー】
近畿大vs筑波大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
球数制限問題
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
大船渡 【高校別データ】
筑波大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
PL学園が最後に甲子園出場したのは2009年!吉川、勧野など実力派揃いの顔ぶれだった
次の記事:
2017年ボーイズ日本代表の現在地 印出、井上、仲三河など空前の「豊作世代」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る