バットのヘッドが遠回りしてしまう理由 殖栗トレーナーのバッティング理論vol.15

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.11

 殖栗正登トレーナーによるバッティングメカニズム!第14回の今回は、バットのヘッドが遠回りしてしまう理由について解説していただきます。

 バットのヘッドが遠回りする選手は多いと思いますが、その理由はどこにあるのか?どうぞご覧ください!

◆殖栗トレーナーのバッティング特集◆
バッティングメカニズムvol.1「バッティングは3つの回転軸で成り立っている!」
バッティングメカニズムvol.2「打撃の「軸」は3つを実践していこう!」
バッティングメカニズムvol.3「是非覚えたい「バレルゾーン」について解説!」
バッティングメカニズムvol.4「フライボールって実際正しいの?打撃の基本的な構造を解説」
バッティングメカニズムvol.5「腕で角度をつけたりしない!下半身の基本的な使い方を解説」
バッティングメカニズムvol.6「バッティングのメインである水平回転について解説!」
バッティングメカニズムvol.7「バットの振り上げは前脚を使って垂直回転?!」
バッティングメカニズムvol.8「頭を後ろに残すのは結果論?!」
バッティングメカニズムvol.9「下半身のメカニズム総まとめで一気におさらい!」
バッティングメカニズムvol.10「プロ野球一流選手のトップの位置の共通点とは?」
バッティングメカニズムvol.11「トップの位置が大事なこれだけの理由!」
バッティングメカニズムvol.12「シンプルだけどすごく大事な上半身の使い方」
バッティングメカニズムvol.13「バッティングで大事なサンドイッチ理論とは?」
バッティングメカニズムvol.14「一流選手も採用するダブルキック打法でヘッドスピードを上げる方法」

【関連記事】
王貞治さんにあやかった「居合斬りトレーニング」を紹介!殖栗トレーナーのバッティング理論vol.16 【ニュース - 高校野球関連】
一流選手も採用する「ダブルキック打法」でヘッドスピードを上げる方法 殖栗トレーナーのバッティング理論vol.14 【ニュース - 高校野球関連】
第133回 バッティングメカニズムvol.1 バッティングは3つの回転軸で成り立っている!【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第7回 しっかりひっかくことができたら後は「ポン」【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第6回 引っ掻いて、丸描いて、ポン投げの「丸描いて」の部分は耳の裏で描く!【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第5回 155キロプロジェクト第5弾!選手がスキル化していることをフォームに落とし込む【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第4回 丸の形を整える 155キロプロジェクト第4弾は腕の振りについて解説!【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第252回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.3 【2015年インタビュー】
第251回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.2 【2015年インタビュー】
第250回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.1 【2015年インタビュー】
第34回 ボディバランス整体院 院長 殖栗 正登先生 【2009年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
沖縄尚学はノーシードから頂点を目指す!興南と沖縄水産の再戦はあるのか?!【沖縄大会】
次の記事:
花巻東時代の女房役が振り返る大谷翔平が「160キロ」をマークした歴史的瞬間
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る