大阪桐蔭・西谷監督が語る「チーム全員が活躍できる理由」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.10

 大阪桐蔭の選手育成で見逃せないのが、多くの選手を育て、卒業先で活躍していることだ。それまで高校時代にあまり試合に出ていなかった選手が大学で活躍することが多い。

 近年の例でいえば、この秋、5本塁打を放ちリーグ優勝に貢献。さらに大学日本代表候補合宿に参加した大石 航輝(天理大・3年)、二刀流で活躍する越智 泰弘(駒澤大・3年)は最後の夏はスタメンに出場していない。

 今年、リーグ戦でノーヒットノーランを達成した宮本佳汰(東京国際大・4年)や、道端晃大(同志社大・1年)ではベンチ入りしていなかった。また今の3年生たちも多くの選手が次のステージで硬式野球継続が決まっている。

 その秘密はどこにあるのか、西谷監督に伺った。

関連記事
【動画】過去最大の大阪桐蔭特集がクリスマスイブからスタート!
【動画】大阪桐蔭のバッティング練習にド接近!西野や池田など秋の主力組が快音連発!
【動画】大阪桐蔭のボール回しを肌で感じる!覇気の強さがビンビン伝わる!

【関連記事】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
144キロを計測!世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長 【ニュース - コラム】
最速154キロ!剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説 【ニュース - コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs上宮太子【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近代泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1022回 タレント揃いに見えても中学時代の実績はほぼゼロ。無名の逸材を次々と伸ばす近大泉州の育成方針【前編】【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大石 航輝(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
越智 泰弘(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【兵庫】報徳学園ら8強出揃い全試合終了 明石商は延長TBの末敗戦<7日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る