奥川恭伸(東京ヤクルト)はプロの舞台で高速フォークをマスターできるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.10

奥川恭伸(星稜)
 
 1月に入り、新人合同自主トレがスタート。その中で注目されるのが東京ヤクルト1位の奥川 恭伸星稜)だ。連日、奥川のキャッチボールや長距離の速さが騒がれているが、ブルペンに入り、実戦で投げられる段階になって、この球種はマスターしたほうが良いという球種がある。

 それが高速フォークだ。高校時代は縦横のスライダーが主体だった奥川。あまり頻度は少なかったが、ここぞという場面で投げるので威力抜群だった。

印象深いのは伝説となった8月17日の智辯和歌山戦。4回表、黒川 史陽相手に投げ込んだフォークは142キロを計測し、あのコンタクト力の高い黒川もあえなく空振りをした。

 あのフォークは奥川自身も想像以上の落差だったという。
「ビデオで見たときに凄い球だったんだと思いました。でも、なぜあんな良いフォークを投げられたのか自分では分からないです。」

 軸となるスライダーについて投げるコツをすらすらと答えてくれた奥川だったがフォークは完成形ではないようだ。もしこのフォークが決め球となれば、さらに三振が期待できるだろう。ぜひ実戦のマウンドに登った時は高校時代から進化した姿を見せることを期待したい。

関連記事
奥川恭伸に背番号「11」に!東京ヤクルトが求められること
なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった
「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望

【関連記事】
2019年のドラフトの目玉はスローペース?森下暢仁(広島)も17日で初のシート打撃登板! 【ニュース - 高校野球関連】
去年甲子園準優勝の名門・星稜の各選手の思考力の高さに迫る! 【ニュース - コラム】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第26回 高校生はもちろん独立や大学、そして中学野球がランクイン!2019年人気インタビューベスト10!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
星稜vs敦賀【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
地区予選終了!川越東、ふじみ野が県大会出場決定!【17日の結果・埼玉県地区予選】
次の記事:
侍ジャパンU-18日本代表 馬淵 史郎監督 高校野球ドットコム単独取材で「馬淵ジャパン」の青写真語る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る