奥川恭伸(東京ヤクルト)はプロの舞台で高速フォークをマスターできるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.10

奥川恭伸(星稜)
 
 1月に入り、新人合同自主トレがスタート。その中で注目されるのが東京ヤクルト1位の奥川 恭伸星稜)だ。連日、奥川のキャッチボールや長距離の速さが騒がれているが、ブルペンに入り、実戦で投げられる段階になって、この球種はマスターしたほうが良いという球種がある。

 それが高速フォークだ。高校時代は縦横のスライダーが主体だった奥川。あまり頻度は少なかったが、ここぞという場面で投げるので威力抜群だった。

印象深いのは伝説となった8月17日の智辯和歌山戦。4回表、黒川 史陽相手に投げ込んだフォークは142キロを計測し、あのコンタクト力の高い黒川もあえなく空振りをした。

 あのフォークは奥川自身も想像以上の落差だったという。
「ビデオで見たときに凄い球だったんだと思いました。でも、なぜあんな良いフォークを投げられたのか自分では分からないです。」

 軸となるスライダーについて投げるコツをすらすらと答えてくれた奥川だったがフォークは完成形ではないようだ。もしこのフォークが決め球となれば、さらに三振が期待できるだろう。ぜひ実戦のマウンドに登った時は高校時代から進化した姿を見せることを期待したい。

関連記事
奥川恭伸に背番号「11」に!東京ヤクルトが求められること
なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった
「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望

【関連記事】
森下暢仁(大分商出身)と投げ合った吉田大喜(大冠出身)先発の一角を担う投手になれるか 【ニュース - 高校野球関連】
中村晃が89年世代4人目の1000安打!帝京出身選手では初の快挙 【ニュース - 高校野球関連】
履正社vs星稜【2020年甲子園高校野球交流試合】
第1230回 天才ゴルフ少年から星稜のスラッガーへ。中田達也の長打力の秘密はゴルフ仕込みのフルスイング 【2020年インタビュー】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る