数々の10代記録、最少記録を打ち立てたスラッガー・村上宗隆(東京ヤクルト)の打撃を支えた「打撃用手袋」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.30

ミズノアンバサダーミーティングにて報道陣に対応する村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)

 2019年、一気に知名度を高めた選手といえば東京ヤクルトの若きスラッガー・村上 宗隆九州学院出身)だろう。今年は様々な最年少記録、10代記録を作った。

・10代最多本塁打 36本
・10代最年少サヨナラ本塁打 19歳6か月
・10代逆転サヨナラ弾 史上2人目
・10代満塁弾 19歳5か月
・球団最年少 三塁手で開幕スタメン
・10代 三塁手部門 ファン投票選出 史上初
・10代最多打点 96打点

 と数多くの記録を作った。その記録を作り上げた打撃について、打撃用手袋が一役買っている。現在、愛用する打撃用手袋について村上は、
 「手にフィット感があって、使いやすいです。僕は小さめの方が好きなので、少し小さめを選んでフィットさせるようにしています」

 そうすることで、パワーロスの小ささを感じ、ベストパフォーマンスにつなげてきた。また着用するアンダーシャツについても「通気性が良く、すごく過ごしやすくて快適だと思います。夏からずっと使わせてもらっています」
 長丁場のプロ野球を戦う上で大きなアイテムとなった。



村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)

 そして2019年、高卒2年目ながら一流選手として証であるミズノアンバサダー契約を結び、高い期待を寄せられているのが伺える。

 12月6日に開催されたミズノブランドアンバサダーズ会議2019に参加。
 「有名な選手が沢山いますので緊張はしています」と苦笑いしながらも、パ・リーグ本塁打王の山川穂高(埼玉西武 中部商出身)とは打撃談義を交わすなど、貴重な時間を過ごした。

 2020年は東京五輪が開催される。村上は世界一を達成したプレミア12の戦いに刺激を受け、日本代表入りへ向けて、憧れを強くしている。
 「プレミア12も見ていて刺激になりましたし、日の丸を背負って戦いなと思います。また高津臣吾監督に替わり、新たな気持ちで頑張りたいと思います」

 大きく飛躍を果たした2019年。超一流になるには継続して活躍が問われる。マークが厳しくなる2020年は村上の野球人生を占ううえで重要な1年となる。

関連記事
村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!
村上宗隆並みに本塁打を積み重ねる韓国の怪童・カン・ベッコに注目だ
ヤクルト・村上兄が激白 「野球は大学4年春でやめるつもりでした」。友幸を思い留まらせた安藤監督の一言

【関連記事】
高卒野手で結果を残したのは?ヤクルトは山田、村上ら2005年以降入団の高卒野手4人が2桁塁打を記録 【ニュース - 高校野球関連】
練習試合で好投!ヤクルト長谷川宙輝は江藤智以来の一軍出場となるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第971回 森、会沢に続く次世代「強打の捕手」は九鬼隆平に期待!【高校野球コラム】
第12回 村上宗隆並みに本塁打を積み重ねる韓国の怪童・カン・ベッコに注目だ【世界の高校野球】
第970回 ヤクルト・村上兄が激白 「野球は大学4年春でやめるつもりでした」。友幸を思い留まらせた安藤監督の一言【高校野球コラム】
第1046回 ミズノプロに並ぶ、2大ブランドとなる宿命を背負うグローバルエリート 【2019年インタビュー】
第1045回 野球界の進化に比例してミズノプロも進化を続ける 須藤竜史さん 【2019年インタビュー】
第1038回 「自分の手のようにグラブを動かしたい」イチローのニーズは全プレイヤーのニーズ 柳舘宗春さん  【2019年インタビュー】
第1033回 3Dから4Dテクノロジーへ。進化を遂げたミズノプロ 寺下正記次長 【2019年インタビュー】
第1033回 3Dテクノロジーの先駆けとなったミズノプロ グラブが誕生するまで 久保田憲史執行役員 【2019年インタビュー】
第42回 「四国発」的、NPB一軍公式戦レポートから見えた野球の深みと野球観を養う場の必要性【四国発】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
館山昌平、復活への道
村上 宗隆(九州学院) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
花咲徳栄が26得点で快勝!所沢商業や市立川越らが勝利!【春季埼玉県大会・22日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る