【台湾遠征】愛知県、兵庫県の両選抜チームが地元チームに勝ち星重ねる!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.25

高橋宏斗と来田涼斗

【台湾遠征】愛知県、兵庫県の両選抜チームが地元チームに勝ち星重ねる!

 年末年始が迫り、各校の練習もいよいよ大詰めを迎えているところだろうが、海の向こうの台湾では2つの選抜チームが試合をしている。

 まずは明治神宮大会を優勝した中京大中京のメンバーを中心に18名で構成された愛知県選抜。こちらは22日から台湾に入り、24日より地元のチームと試合。初戦の三民高中との試合では19安打12得点と打線が奮起して、12対3で勝利。幸先よく勝利することが出来た。

 25日には試合がなく、26、27日でそれぞれ1試合ずつ戦い29日に帰国の予定となっている。

 そしてもう1つの選抜チーム、兵庫県選抜は22日から6日間のスケジュール。お昼ごろに日本を飛び立って夕方に現地入り。翌23日から高苑工商と普門高中とそれぞれ1試合、計2試合をこなす。

 1試合目の高苑工商には10対5、普門高中には1対4と1勝1敗で初日を終えると、24日の屏東高中は16対0で快勝。ここまで2勝1敗で来ており、25日の2試合を残すのみとなった。

 貴重な海外での試合の経験を糧に、参加した選手のさらなる成長を期待するばかりだ。


関連記事
来田、中森のドラフト候補コンビなど逸材が集結した兵庫県選抜!台湾遠征へ向けて逸材をピックアップ
兵庫県選抜、最大8点差を追いつき、収穫のある引き分けに!
滋賀選抜が初実戦で大学生相手に勝利を飾る

コメントを投稿する

前の記事:
的確な判断力と中学野球界トップクラスの俊足をもつ今井海斗(東京城南ボーイズ)に迫る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る